ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

“多様性の受け入れ”がサウンドにも表れた完成度の高いデビューAL / 『ティーンエイジ・エモーションズ』リル・ヨッティ(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“多様性の受け入れ”がサウンドにも表れた完成度の高いデビューAL / 『ティーンエイジ・エモーションズ』リル・ヨッティ(Album Review)

 2016年夏、D.R.A.M.(ドラム)の大ヒット曲「ブロッコリー」(最高位5位)にフィーチャリング・ゲストとして参加し、ブレイクを果たした、米ジョージア州アトランタ出身の新星ラッパー、リル・ヨッティ。2017年は、その「ブロッコリー」をそっくり真似た、カイルの「アイスパイ」(最高位4位)にもゲストとして参加し、この曲も続けて大ヒット。チャンス・ザ・ラッパーやポスト・マローンなどの作品にも参加するなど、大活躍をみせている。そんな絶妙のタイミングで、デビュー・アルバム『ティーンエイジ・エモーションズ』がリリースされ、発売前から話題を呼んでいる。

 というのも、リリース直前に公開されたアルバム・ジャケットには、様々な人種や容姿、マイノリティの方たちが映っていて、「多様性の受け入れ」をリル・ヨッティ自身がアプローチしているからだ。特に、ゲイのカップルがキスする姿が、ラッパーのアートワークに取り入れられるというのは異例。先行シングルとしてリリースされた「ピーク・ア・ブー」のゲスト、ミーゴズのクエヴォは、過去にゲイ批判をしているが、そういった「アンチ」も含めた多様性の受け入れと、とっていいのだろう。

 そのミーゴズの他には、マライア・キャリーの新曲「アイ・ドント」で共演したカリフォルニア出身のラッパーYG、オークランド出身の女性フィーメールラッパーのカマイヤー、オーストラリア出身のシンガー・ソングライターのグレイス、ニュージャージー州出身のソニアエ・イリースなど、若手注目アーティストがゲストとして参加。メジャー・レイザーの活動でも知られるヒットメイカー、ディプロもクレジットされている。

 ミーゴズの大ヒット曲「バッド・アンド・ブージー」を下敷きにしたトラップ・ソング「ピーク・ア・ブー」、ブルーノ・マーズやカルヴィン・ハリスなどが取り入れたことで、ここ最近ジワジワきているエイティーズ・ディスコ風の「ブリング・イット・バック」、「ブロッコリー」や「アイスパイ」の要素を取り入れた、ユルめのヒップホップ「ハーレー」など、バラエティ豊かなサウンドにも「多様性の受け入れ」が現れている。全21曲、およそ70分という大ボリュームだが、詰め込んだ感はなく、1曲1曲の完成度も高い。

 プロデュースは、昨年リリースしたミックステープ『リル・ボート』、EP盤『ロスト・ファイルズ』を担当したデジタル・ナス、2016年リリースのミックステープ『サマー・ソングス2』にも参加したD33J、クリス・ブラウンやリアーナ、ニッキー・ミナージュなどのヒット曲を手掛けたフリー・スクール等、10人以上のプロデューサーが担当。若者向けの内容ではあるが、アラフォー以降のヒップホップ世代が聴いても、違和感なく楽しめるアルバムだ。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『ティーンエイジ・エモーションズ』
リル・ヨッティ
2017/5/26 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

リル・ヨッティ、最新作アートワークのメッセージ性について語る「10代の生活のあらゆる側面を入れたかった」
カルヴィン・ハリス、ファレル/ケイティ/スヌープら豪華ゲスト満載のニューALが6/30リリース
“ブロッコリー”で頭がいっぱい?2017年のブレイク必至のD.R.A.M.の大胆さ(Song Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。