体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

妄キャリ×でんぱ組コラボユニット【阿蘇ロックフェス】で初披露

エンタメ
妄キャリ×でんぱ組コラボユニット【阿蘇ロックフェス】で初披露

 5月27日、熊本県南阿蘇村の野外劇場アスペクタにて開催された【阿蘇ロックフェスティバル2017】に、でんぱ組.incの古川未鈴、相沢梨紗、藤咲彩音がopening actとして出演し、「桜色ダイアリー」を歌唱している妄想キャリブレーションとの共演を果たした。

 本イベントは、熊本地震からの復興を支援しようと、歌手の泉谷しげるらが呼び掛けて開催されたもので、ウルフルズや電気グルーヴ、WANIMAなどの人気アーティストが集まった。

 ステージは妄キャリの5人による「桜色ダイアリー」からスタート。会場を埋め尽くす総勢1万人以上の観客を魅了した。続いて妄キャリに紹介される形でステージに登場したのは“ピンキー!”ことでんぱ組・藤咲彩音。妄キャリ・星野にぁとのユニット“ニァピン”で、新曲「PINKY☆STAR」を初披露。ポップな歌声と藤咲を中心に振付けたダンスで会場を沸かせた。

 3曲目では、でんぱ組・相沢梨紗×妄キャリ・桜野羽咲による新ユニット“LAVILITH(ラビリス)”が登場し、新曲「スバラシキセカイ」を初披露。「創聖のアクエリオン」などで知られるアニソン界の大御所・岩里祐穂が作詞したこの曲の幻想的なメロディを、ユニットとして初のステージとは思えない圧倒的な歌声と存在感で魅せつけた。

 最後の曲では、センターポジションにでんぱ組・古川未鈴を据えて、再び妄キャリメンバー全員が登場。激しいダンスパフォーマンスで「激ヤバ∞ボッカーン!!」を披露すると、観客のボルテージは最高潮に達した。

 パフォーマンス後、妄キャリ・星野が「今日ここでしか見られないユニットやコラボ! 楽しんで頂けましたか!?」と客席に呼びかけると、でんぱ組・相沢が「最高の景色と最高の空気! みんな最後まで楽しんでいってね~!」と投げかけ、トップバッターのWANIMAにステージを譲る形で、豪華共演は幕を閉じた。

 なお、妄キャリと“ニァピン”“LAVILITH”は、6月18日渋谷クアトロで開催される2マンライブ【『冴えない歌姫のスペシャルライブ♭』春奈るな×妄想キャリブレーション】でも共演を予定している。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会