ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハズレなし保証!2017年に読んでおきたいオススメ漫画

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

2017年、これから夏を迎える季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。スカッと海水浴やサーフィン、BBQなどの準備をするのも良いですが、エアコンをつけた部屋で漫画などを読みふける人も少なくないはず。今日は、そんな漫画好きな人はもちろん、特に夏の予定がない人にも漫画の面白さを知っていただくために、2017年オススメの漫画のお話です。ご損はさせません、ぜひご一読、お願いします!

2017年5月、ぜひ読んでほしい漫画

null
photo by Tatsuo Yamashita

今年の話題作や完結した作品、人気作の最新刊などをご紹介していきます。

アイアムアヒーロー 全22巻(完結)

出典:小学館ビックコミックスピリッツ
花沢健吾 小学館ビックコミックス

日本全国で「噛みつき事件」と呼ばれる感染症が広がり、噛みつかれた人間が次々と人間を喰う化け物になっていった。主人公・鈴木英雄は売れない中年漫画家。その異常な事態は自分の身の回りにも侵食してくるが、趣味としていたクレー射撃で保有していたライフルと、その保持免許を持っていたことが後々に危機を突破する大きな武器となる…。

詳細不明、謎の感染症が日本を狂気的な状態に陥れる本作。現実なのか、悪夢なのか、いつか主人公が現実の世界に戻るのではないか?という展開のなかで次々と狂気の世界が続いていく。中盤を過ぎても、しっかりしたタネあかしが説明されるのかもよく分からない。厚い雲におおわれたような世界観が、21世紀の日本や世界と呼応するかのように話題を生んだこの作品も、2017年3月発売の22巻をもって完結します。ネタバレに気を使うことなく一気に読める今こそ、全巻そろえて買ってはいかがでしょうか。

アルスラーン戦記 第7巻

出典:ホンヤクラブ
荒川弘 少年マガジンKC

栄華を極めていたパルス国の王子、アルスラーンは14歳での初陣で大敗し、命からがら落ち延びた。パルス国の奪還を目指し、戦略家・ナルサスと最強の武将・ダリューンを味方につけ、戦いの日々が始まった。

14歳の弱々しく頼りない王位継承者・アルスラーンが戦いのなかで、周囲の大人たちと共に人間的に成長していく様子を描いた、田中芳樹の原作小説が漫画化されたものです。原作はなんと1986年刊行開始の書き下ろし小説です。現在でいうところのラノベといったところです。テレビアニメ・OVA(オリジナル・ビデオアニメ)化されているのですが、原作はまだ完結しておらず、それにともなってアニメ版も完全に完結とはなっていないのです。

本作漫画版もスローペースで、第1巻・2014年4月の刊行から3年かかりこの7巻です。原作者・田中芳樹によれば、中東の一国をモデルにしたというこの物語、どこか大河ドラマのようなおもむきのファンタジー小説です。6巻まで読んでいる人はもちろん、まだ見ていない人もまとめ買いで読んでみてはいかがでしょうか。おすすめです。

響〜小説家になる方法〜 第6巻

出典:Amazon
柳本光晴 小学館 ビックコミックス

この「響〜小説家になる方法〜」は、2017年マンガ大賞を受賞しました。マンガ大賞とは、ニッポン放送のアナウンサー・吉田尚記氏によって創設されたマンガ賞です。マンガ大賞は商業的なしがらみを無くすため、漫画業界の人間を除いたライターや書店員・一般の人が中心となって先行しています。過去には「テルマエ・ロマエ」「3月のライオン」「ちはやふる」などのヒット作を早い段階で見出しています。

小説家の賞として日本一の知名度をもつ芥川賞・直木賞ですが、芥川賞が純文学(私小説)、直木賞がエンターテインメント小説を対象とするのに対して、主人公15歳の鮎喰響は、そのデビュー作で芥川賞と直木賞に同時ノミネートされます。その才能ゆえの不器用な生き方、何をやらかすかわからない展開が、一気読みしたい漫画として選考委員に評価されています。マンガ大賞受賞を良いタイミングとして、まとめ買いしてはいかがでしょうか?

3月のライオン

出典:Amazon
羽海野チカ ヤングアニマルコミックス

現在(2017年5月25日時点)前後編の映画が上映中の人気コミック。高校生にしてプロ将棋士の世界で戦う、桐山零の物語。将棋の世界でしか自分自信を見出せない不器用な少年・桐山が、将棋のライバルたち、そして家族のように日々をともにする高校生ひなたへの淡い恋と向き合い、成長していくさまを描いた青春ストーリー。
https://youtu.be/hIXhQ095Lng

映画では桐山零を神木隆之介、師匠である島田を佐々木蔵之介が演じ、その他キャストも加瀬亮・高橋一生・有村架純・伊藤英明など豪華キャストで固め、話題となっています。もちろん原作マンガの確固たる人気があってこそです。現在12巻まで刊行されています。映画を観るまえに、原作を見ておくと楽しみは広がること間違い無しです。

この際買取してみませんか?

今回、2017年おすすめのマンガを4作ご紹介してきましたが、もう読まなくなって部屋の片隅に置かれているマンガはありませんか?いまなら高値で買取が期待できる、鮮度の高い作品がありますのでご紹介します。

逃げるは恥だが役に立つ 1〜8巻

“”
海野つなみ 講談社KISS KC

現在、1〜8巻で2,000円程度の前後の買取価格が期待できます。
上半期の話題をさらった新垣結衣・星野源主演の同名ドラマが、ドラマ終了とほぼ同時に原作漫画も9巻で完結を迎えています。それだけに新鮮度は高く、高い買取が期待できます。もう読む機会がないのなら、思い切って売ってしまうのはいかがでしょうか。

(価格は2017年5月25日時点)

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、2017年おすすめの漫画の情報をお届けしてまいりました。出版業会は不振であり、漫画もその例にもれず売り上げは低迷しています。しかし、コンテンツの力として日本の漫画は大変優秀であり、ドラマ化・映画化が相次ぎ、2次的な波及ははかり知れないものがあります。電子書籍版も浸透し、それにともなって過去の名作がふたたび日の目を見る機会も増えています。今は中古買取ショップにも宅配買取というものが定着し、自宅に居ながら買取をすることができます。上手く利用すれば、部屋のスペースを気にせずに漫画生活を楽しめるのではないでしょうか。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。