ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

男性が逃げ出す「重い行動」とってない?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

男性が逃げ出す「重い行動」とってない?
彼の部屋に勝手に入って掃除や料理をしたり、毎日彼氏の行動をチェックして「今、何してるの?」「誰と一緒?」と問い詰めたり、「いつ結婚してくれるの?」と催促したり…。彼が好きなあまり「重い女」と思われる行動を取ってしまったことはありませんか?

20〜30代女性に聞いた「彼にしてしまった重い行動」と、その結果どうなったのか、後日談と併せてご紹介します!

 

■彼氏にメールやLINEを送り過ぎて…

 

●「彼氏に毎日何通もメールし、次に会える日をしつこく聞いたりしていた。メールではハートマークや好きを使い過ぎていた」(32歳)

⇒「もっといい人がいるよ」と遠回しに別れを告げられた。

 

●「彼にLINEで毎日連絡し、会いたいと毎回泣いた」(30歳)

⇒慰めてくれたが、近くに来てくれることはなかった。

 

●「メールを毎日100通以上していた。予定も彼氏最優先にしていて、今思えば自分がなくて重かった…」(28歳)

⇒反応は何もなく、お互い会わなくなってすぐ別れた。

 

メールやLINEの頻度や愛情表現が過剰だと、最初は喜んでくれるものの、だんだん返事がなくなり、いつの間にか自然消滅…ということが多いようです。うっとうしくならないペースを保つ我慢も大事ですね。

 

■彼氏が元カノとつながってるのは許せない

 

●「元カノのLINEをブロックさせた」(24歳)

⇒「重い」と言われた。

 

●「彼氏に元カノをLINEから消してほしいと言った」(25歳)

⇒「自分のことは棚に上げて?」と言われた。

 

意外と多かったのが、元カノ問題!元カノが気になる女心はわかるけど、男性からは「重い」という意見が圧倒的に多いようです。

 

■彼氏に焦って結婚を迫ってみたら…

 

●「よく言われる結婚適齢期27歳の頃に結婚したくて先走り、指輪の号数を言って相手が引いてしまった」(34歳)

⇒「さすがに重い!」と言われ別れました(涙)。

 

●「週に1回ペースで、結婚したい、プロポーズはまだかと催促した」(29歳)

⇒うんざりした表情だった。

 

●「付き合ってすぐに『私と結婚する意志ありますか?』って確認」(32歳)

⇒「今は結婚まだ考えてないから、解散しようか?」と言われた

 

女性からのプロポーズも全然ありな時代ですが、機が熟していないうちに結婚を責め立てると逆効果になるケースも。焦らずタイミングを計るのって難しいですね…。

 

■彼の言うことは何でも聞くいいなり女に

 

●「お金を貸したり、家事を全てしたり、服を着せたり脱がしたりなど、尽くし過ぎる。彼氏の好み通りの化粧をして服装をした」(31歳)

⇒どんどん何もしなくなり、女を感じなくなったと言い、態度が冷たくなっていった。

 

●「旅行や欲しいもの、外食などできる限りのものを自分がお金を出して貢いだ」(25歳)

⇒初めは断っていたが、そのうち私が出すのが当たり前な態度になっていった。

 

尽くし過ぎてしまうのは逆効果になることが多いようです。プレゼントもほどほどに…。

 

一方、男性の意見はどうでしょうか。20〜30代男性にも「重くてしんどかった彼女の行動」について聞いてみたところ、以下のような声が聞かれました。

 

●「人の家にどんどん荷物を置き束縛してくる」(26歳)

●「別の異性と遊びに行くのを制限される」(26歳)

●「子どもが欲しいと言ってくる」(27歳)

●「元カノの情報を削除ないしブロックの設定を目の前でやれと要求してくる」(38歳)

 

適度な焼きもちはかわいいけど、重過ぎると彼が疲れるし、距離を置いてしまうというのが本音のようです。恋は盲目といいますが、好き過ぎても度を越さないようご注意を!

 

 

【データ出典】

・ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2017/3/17〜4/7

有効回答数:146人(女性)

 

 

・あなたご自身に関するアンケート 2017/2/27〜3/1実施

有効回答数:309人

(インターネットによる20〜30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

彼氏からの束縛!どこまでなら許せる?
彼女に「この子と結婚はないな」と思う瞬間
見る?見ない?彼氏や夫の携帯電話

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。