体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1分で読める文学を無料で買える自販機【1200万編もの小説や詩】

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
(c) Olivier Alexandre-Short Edition

駅での乗り継ぎ電車待ち時間や、カフェでの友人との待ち合わせ。現代の私たちは、そんなちょっとした待ち時間をスマホでつぶしがちですね。携帯ゲームやネットサーフィンも楽しいですが、外国へ旅行に行った時くらいは少しいつもと違う時間のつぶし方をしてみませんか? そんな時にぴったりのこんな「自動販売機」をご紹介したいと思います。

レシート状の紙で読む超短編小説

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
(c) Olivier Alexandre-Short Edition

それが、この「Short Edition」と名付けられたマシーン。なんとこの機械、実は超短編小説や詩などの文学をプリントアウトできる自動販売機なのです。

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
(c) Olivier Alexandre-Short Edition

マシーンには「1分」「3分」「5分」と書かれたボタンが3つ付いています。これは、それくらいの時間で読める文学を選べるボタンなんです。

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
(c) Olivier Alexandre-Short Edition

すると、このようなレシート状の紙がプリントアウトされてきます。この紙に、超短編小説がプリントされているのです。おもしろいですね!

そして、ここまで便宜的に「自動販売機」と書きましたが、実はこの「Short Edition」の文学はすべて無料。ユーザーはお金を払わずに短編小説を読むことができるのです。

世界中で愛されている「Short Edition」

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
(c) Olivier Alexandre-Short Edition

この「Short Edition」は、2011年でフランスから始まったサービス。それ以来、1万4500人以上の作家が執筆に参加し、1200万編もの小説や詩が「Short Edition」のために創作されたのだそう。ものすごい量ですね!

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
今ではこの「Short Edition」のマシーンを設置してくれる代理店は123か所にもなり、主にフランスの鉄道(SNCF)や地下鉄の駅、空港や病院にまで置かれるようになっているのだとか。確かに待ち時間を持て余しそうな場所ばかり。 そんな時にこのマシーンが近くにあれば、時間もつぶせるし文学に触れることで待ち時間のイライラも軽減しそうです。

ショートストーリー読みませんか?超短編小説をプリントアウトできる自動販売機
そしてその人気はフランス国内にとどまらず、アメリカのペンシルベニア州立大学でも設置が完了したのだとか。そしてTABIZINEの取材に対し、「近いうちに香港大学にも置かれる予定」と教えてくれました。アジア進出も果たすとは、すばらしいですね。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。