体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【注意喚起】ハーゲンダッツを食べると飲酒運転で罰せられる可能性アリ!? 呼気チェックで高めのアルコール反応

生活・趣味
ice3

ちょっと信じられない情報が入ってきた。美味しくてリッチなアイスクリーム「ハーゲンダッツ」を食べることで飲酒時と同じ状態となり、場合によってはアルコール検査でひっかかる可能性があるというのだ。

・飲酒時と同じ状態
物議をかもしているのは、ハーゲンダッツの期間限定アイスクリーム「ショコラミント味」。コンビニやスーパーで普通に販売されており、未成年者でも問題なく購入できるもの。1個分110mlにアルコールが0.3%含まれており、これを食べると呼気のアルコール濃度が高まり、飲酒時と同じ状態になるという。

ハーゲンダッツのショコラミントでアル検ひっかかるからみんな気をつけようね pic.twitter.com/sQVSYFO5J4

— 伊那さとこ (@inamnkmtngw) May 26, 2017

・実際に検証してみた結果
編集部では実際にショコラミント味を食べ、呼気のアルコール濃度を検証してみた。使用したアルコールチェッカーはタニタの「HC-213S」で一般向けに販売されているもの。ショコラミント味を半分食べて呼気を調べたところ、0.15ミリグラムを記録。すべて食べて調べたところ、最高で0.20ミリグラムのアルコール濃度を記録した。

食べてから10分が経過してから呼気を調べたところ、アルコール濃度は0.00ミリグラムとなり、まったく反応しなくなった。

ice2
ice4

・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
警視庁によると、酒気帯び運転は「呼気1リットル中のアルコール濃度0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満」(違反13点)と定められている。

ちなみに「呼気1リットル中のアルコール濃度0.25ミリグラム以上」の場合は違反点数が25点となる。どちらにしても、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられる。

ice1

・酒気帯び運転レベルまで上がった
今回の検証により、ショコラミント味を食べたあと、呼気のアルコール濃度が酒気帯び運転レベルまで上がったことが判明した。ただし、10分後には呼気からアルコールが消え、反応しないことも判明した(あくまで記者のケース)。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会