ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

バルミューダ社長、ヒット家電開発の背景は?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

バルミューダ社長、ヒット家電開発の背景は?
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。5月25日(木)のオンエアでは、トースターや扇風機など、次々とヒット家電を生み出しているバルミューダ株式会社の代表取締役社長・寺尾玄さんお迎えし、お話を伺いました。

寺尾さんは、近年の快進撃を「どういう嬉しさを人々に届けられるのか、その途中の役割として道具があり、自身も消費者として『欲しいのは、ただ“嬉しい”だけ』という考えが、ここ数年、上手く行ってるだけなんです」と語りました。

寺尾さんの考え方は、扇風機なら「自然の風が部屋の中で吹いたらすごくない?」、トースターなら「世界一のトースト食べてみたくない?」と空想するところから始まるのだそうです。そして「毎回、ラッキーが起こる」と寺尾さんは続けます。土砂降りの中で行ったバーベキュー大会で社員が食パンを炭火で焼いたことがきっかけとなり、あの有名なスチームトースターが生まれたそう。また、独学で流体力学の本を読み、試行錯誤する中で偶然、テレビで「クラス対抗30人31脚」を見て、遅い子を中心に列が引き込まれていく動きをヒントに2重構造の羽をもつ扇風機を生み出すに至ったのだとか。

そんな寺尾さんの著書「行こう、どこにもなかった方法で」は、バルミューダの誕生までの道のりを綴った本です。普通の会社起業の物語ではなく、ミュージシャンという異色の経歴や、ご両親の話にまで遡っています。両親から常識にしばられない自由な発想を学んだり、夢を持つことを教えてもらったという寺尾さん。番組内では17歳の時、単身でスペイン南部の町に渡った際の出来事なども話してくれました。

また、バルミューダの代表として、一貫して求めているものは「他の人との共感」だと言います。「共感や喜びを一番大きい規模でやってみたい、それをずっと模索しています」と語る寺尾さんが次に目指すもの何か? 今後も目が離せませんね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。