体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Galaxy S IIIでは自社開発のクアッドコアSoCを使用、同社の幹部が明かす

SamsungがAndroidスマートフォンの次期フラッグシップ「Galaxy S III(仮)」で自社開発のExynosブランドのクアッドコアSoCを使用する予定であることを同社の幹部が明らかにしたとKorea Timesが報じました。型番など詳細は伝えられていませんが、クアッドコアのSoCは32nmプロセスで製造されると伝えられているので、ARM Corte A9を4つ搭載したExynos 4412と予想されます。Samsungの幹部はこのほか、Galaxy S IIIでは、WCDMAやLTEをサポートした自社開発の通信チップを使用することも明らかにしたそうです。3GやLTEをサポートした通信チップで高いシェアを持つQualcommの製品を使用しないことについてKorea Timesは、Qualcommへの依存度を下げてソリューションプロバイダーとして成長することを目的としている伝えています。Source : Korea Times、Engadget


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Rezound用Android 4.0.3+Sense 3.6の公式ソフトウェアが流出
Droid Fighterとされる写真が流出、Motorola端末でRAZRライクなデザイン、4.6インチHDディスプレイを搭載
HTC未発表の米Verizon向けLTE対応スマートフォン「ADR6410LVW」がGCFを通過

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。