体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スチャダラパーBoseがカスタムカーショップのオールペン現場に潜入!

▲お店のご厚意でカスタムカーの製作現場にお邪魔。写真はオールペンの準備に入った210系ハイラックスサーフ

▲お店のご厚意でカスタムカーの製作現場にお邪魔。写真はオールペンの準備に入った210系ハイラックスサーフ

同じ車でも色が違うと表情が変わる。街で見ない色ならなおさら!

1990年のデビュー以来、日本のヒップホップシーン最前線でフレッシュな名曲を作り続けているスチャダラパー。中古車マニアでもあるMC、Boseが『カーセンサーnet』を見て触手が動いたDEEPでUNDERGROUNDな中古車を実際にお店まで見に行きます!

今回はオートモーティブジャパンにお邪魔した記事(関連リンク参照)の後編です。

編集部:前回、オートモーティブジャパンさんは人気モデルにオールペンと軽いカスタムを施し、車の新たな魅力を引き出すショップだということがわかりましたね。

Bose:今回お邪魔して、あらためて車の色って大事だなって思ったよ。色一つで雰囲気がガラッと変わるからね。もちろん誰だって好きな色の車に乗りたいけれど、黒やパール系は人気があるから人と同じものに乗りたくないという人はちゅうちょする部分もあると思う。街でめったにすれ違わない色で、しかもそれがカッコいい色だったら言うことないよね!

オートモーティブジャパン 米倉さん:僕らの思いを代弁してもらえて嬉しいです。

編集部:米倉さんはオートモーティブジャパンをオープンさせる前から近所で板金塗装工場を営み、お店に並んでいる車もそちらで仕上げているということで、今回は工場の方も見せてもらえることになりました!

Bose:ワクワクするなあ。ちょうど自分の車のモールを塗りたいと思っていたから、いろいろ見せてもらいつつコネも作っておきたいしね(笑)。

米倉さん:(笑)。ではちょっと準備しますから、その間、店頭の車を見ていてください。

Bose:そうだね。前回はベージュのハイエースバンを紹介したけれど、他の車もみんなに見てもらおう。

ベージュだけじゃなかったカスタムラインナップ

Bose:ベージュはもちろん、黒や青、緑など、個性的な色展開がおもしろい。展示場やカーセンサーnetの在庫一覧に統一感があるから、お店に行くのが楽しくなるよ!

スズキ ジムニー(現行型)

▲オートモーティブジャパンがオープンしたのは3年前。最初はブラックボディにブラックバンパーのカスタムからスタートしたんだって。ジムニーのカスタムは現在でもお店の定番。年配の方だと先代のJA22を探しに来ることもあるそう。ジムニーは僕も本気で欲しいと思っているから気になるね

▲オートモーティブジャパンがオープンしたのは3年前。最初はブラックボディにブラックバンパーのカスタムからスタートしたんだって。ジムニーのカスタムは現在でもお店の定番。年配の方だと先代のJA22を探しに来ることもあるそう。ジムニーは僕も本気で欲しいと思っているから気になるね

日産 エクストレイル(初代)

▲僕が最初にカーセンサーで見つけた2代目CR-Vやこの初代エクストレイルのように、2000年くらいにデビューした「ヤングタイマー、ネオクラシックと呼ぶにはちょっとまだ早い」あたりの車はオートモーティブジャパンが推しているベージュがすごくハマるんだ

▲僕が最初にカーセンサーで見つけたホンダの2代目CR-Vやこの初代エクストレイルのように、2000年くらいにデビューした「ヤングタイマー、ネオクラシックと呼ぶにはちょっとまだ早い」あたりの車はオートモーティブジャパンが推しているベージュがすごくハマるんだ

日産 エクストレイル(2代目)

▲この2代目エクストレイルの色はFJクルーザーのブルーだって。初代で適度に枯れた感じを味わうか、2代目で今っぽい雰囲気を楽しむか。ここは好みが分かれるところだろうね。僕は初代+ベージュの雰囲気が好きだけれど、こっちも悪くないと思う
1 2 3 4次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会