ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

女性用ドレスコードっていつまで求められるの? クリステン・スチュワートがカンヌにひと言

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

5月17日に開幕した第70回カンヌ国際映画祭。

私が注目していたのは、クリステン・スチュワート。

昨年は履き古したスニーカーでレッドカーペットに登場したクリステンが、今年はどんなファッションで登場するかと、とても楽しみにしていました。

ヒールにドレス。カンヌのドレスコードがけっこう厳しい

Saturday Night Live – SNLさん(@nbcsnl)がシェアした投稿 – 2017 2月 4 2:02午後 PST

そもそも、彼女が昨年スニーカーで登場したのには理由があります。

カンヌ映画祭はドレスコードがはっきりとしていることで有名。女性はヒールにドレス、という暗黙のルールがありました。

実際2015年の開催時に、ヒールではなくフラットシューズを履いた女性が入場を拒否されたこともあり、これに対して2016年には、大女優ジュリア・ロバーツがなんと裸足でレッドカーペットを歩いて抗議したことも。

そもそもヒールじゃないといけない理由って何だろう?

たしかに、ヒールはエレガントでフォーマルな場所に合う靴ですが、だからといってフラットシューズがダメ、と決めつけられる風潮には疑問を感じます。

女性だからヒールを履かなきゃいけないなんて、なんだかその「決まり」がすごく嫌な感じ。

「もうドレスコードまで求められるべきじゃないことは明らか」

Hollywood Reporterさん(@hollywoodreporter)がシェアした投稿 – 2017 5月 20 9:33午前 PDT

昨年は目立った発言はなく、スニーカーを履くという行動でのみ抗議を示したクリステン。

今年は私の期待通り、レッドカーペットでのドレスコードについて、「Hollywood Reporter」の取材のなかで次のように発言しました。

「ここには、はっきりとしたドレスコートがあるわよね? ヒールを履いてないとみんなにすごく驚かれる。

でもね、もうそんなことまで求められるべきじゃないのは明らかよ。男性に、ヒールを履いてドレスを着るように言えないんだったら、私にも言えないはずよ」

Hollywood Reporterさん(@hollywoodreporter)がシェアした投稿 – 2017 5月 20 8:07午前 PDT

写真撮影には彼女らしいマニッシュなブラックのショートブーツで登場。これまたかっこいいクリステンがいました。

クリステンはスポーティなロングスカートで登場

Elle Magazineさん(@elleusa)がシェアした投稿 – 2017 5月 20 3:14午後 PDT

そんな彼女が今年レッドカーペットで着用したのは、つい最近パリコレクションで発表されたシャネルの2018クルーズコレクション。

グレイツイードのサスペンダー付きのスポーティなロングスカートに、バンドゥブラのシンプルなコーディネート。足元には「Le Silla」のフェミニンなヒールを合わせていました。

スーパーショートヘアにいつものスモーキーなメイクアップ。

ドレスではないのに、これだけレッドカーペットで浮かないのがクリステンの魅力。クールな彼女らしいスタイルが、ファッション界でも好評でした。

彼女の場合、もうファッション自体がメッセージなのです。

[NYLON]

写真/gettyimages

こちらも読まれています

・「私はすごくゲイだし」クリステン・スチュワートがサンフランシスコ女子に人気

・「脱ぐのがもったいない!」ほど効果を発揮するガードルとは? #sponsored

・ベイカー恵利沙さんに学ぶ、初夏のオンオフコーデ術 #sponsored

■ あわせて読みたい

・露出少なめ。素肌になじむ色。夏の媚びない水着選び
・もう、ファッションのために痩せなくてもいいよ
・家が好き。意外と重要なのがゴミ箱の存在 #ふたりごと
・いつだってファッションを楽しむ。働く女子のチカラになる「第2の勝負下着」
・夏の夜。なにもせずひとりで過ごすのも悪くない。UNTITLED BY KIKUNO
・夏。ファッションはシンプルに、お財布は派手になる
・ティファニーの意思表明「親愛なるトランプ大統領へ」 #Tiffany

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。