ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

今度は“陶磁器を出力できる”3Dプリンター?! 手作りのカップや花瓶を簡単ステップでつくれちゃう

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ClayXYZ数々の3Dプリンターが登場しているが、「ClayXYZ」はその中でも一風変わったプリンターだ。なんと、プリンター素材は土で、複雑なテクスチャーの陶磁器作品を出力できるという。いわば“3D粘土プリンター”なのだ。

・簡単3ステップで陶磁器を出力!

利用方法はとてもシンプルな簡単3ステップ。まず、プリンター本体のチューブ内に、陶磁器用粘土をセット。チューブは排出用デバイスと接続する。

・専用サイトなどからモデルをダウンロード

ClayXYZ2次に、「ClayXYZ」専用サイトまたは「Thingiverse」というサイトから、好きな造形モデルを選び、ダウンロード。厚みなどのパラメーターを調節する。ちなみにOSは、Windows、Linux、Macに対応。専用サイトでは、新しいモデルも続々追加されるという。

最後に、スタートボタンを押して、プリントをスタートさせる。

シンプルな手順を踏むだけで、手作りのカップやボウル、花瓶といった日用品から、彫刻や壁タイル、建築モデルなどのアート作品や、業務用作品をつくることができてしまう。

出力したら、あとは炉で焼いて仕上げるだけ。絵付けしたり、磨きをかけたり、その後の加工も思うまま。陶磁器用粘土は、Amazonなどのウェブサイトで簡単に注文できる。

・手間要らずで失敗もなし

ClayXYZ3普通、陶磁器を作成するとなると、手でこねたり、ろくろを使ったりするもので、素人には難しかったり、専用の作業機器が必要になる。

これなら、設計図どおりにプリンターが自動で成形してくれるため、何せ非常に簡単で手間要らず。失敗もない。

また、粘土素材はそれほど値段が張るものではなく、通常の3Dプリンター素材で使われる樹脂などに比べてコストが安い上、粘土なので再利用することが可能で、環境に優しいのも魅力。

・Kickstarterで出資受付中

現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を受け付けており、プレオーダー価格は、本体749ドル(約8万4900円)~。

ClayXYZ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。