ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

The HIGH、2年振り2ndアルバム『Welcome To The Next World』リリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
The HIGH、2年振り2ndアルバム『Welcome To The Next World』リリース

The HIGH(ザ・ハイ)が7月19日(水)に2ndアルバム『Welcome To The Next World』をリリースすることが決定。

収録曲及びツアー・スケジュールの日程が発表された。

The HIGHは、ボーカルhirono(ex.LOVE MISSILE,Julian)、ベースのMatty(Rama Amoeba)という、日本のモッズ・シーン/グラムロック・シーンを共に生き抜いた二人を中心に、ギターのTomoaking、ドラムのBennyと結成されたロックバンド。

前作はプロデュースにTHE COLLECTORSの山森 JEFF 正之を迎え、モッズ色の強い作品だったものの、今回はセルフ・プロデュースを行い、バンドの魅力である1960年代のスウィンギン・ロンドンの煌びやかさ(そのムードを初めて日本に持ち込んだ先駆者ムッシュかまやつ氏とザ・スパイダース大リスペクト!)と1970年代パワーポップのエッセンスに、THE YELLOW MONKEYやRED WARRIORSなどに代表されるジャパニーズ・ロックの艶やかさを融合させたバラエティーにとんだロック・アルバムとなっている。

タイトルチューンとなるM1はメンバーが愛するロックへの有り余るリスペクトを現在に昇華したアップテンポなロック・チューン、軽快なギターカッティングから始まるM2はポップで聴いた人が踊りだしそうなダンス・チューン。新たな方向性を打ち出したメロウで大人のソウル・チューンのM3、The HIGHお得意のポップ・チューンM4など、様々なタイプの魅力的な楽曲が揃い、最後まで飽きさせない作品だ。

今回の作品にはゲスト・ミュージシャンとしてHICKSVILLE、ザ・クロマニヨンズの真島昌利氏との新バンド「ましまろ」の他、数々のアーティストのサポートを行っている真城めぐみ(Cho)、アーバンギャルドのおおくぼけい(Key)が参加、バンド・サウンドに彩りを添えている。また、ジャケット・デザインは元ザ・ファントムギフト、現在ではサリー・ソウル・シチューとしてミュージシャン、デザイナーと多岐にわたり活躍しているサリー久保田を起用していることにも注目が集まりそうだ。

さらに、7月19日代々木 Zher the ZOO YOYOGIを皮切りにアルバムを携えての夏からの全国ツアーが決定。チケット等、詳細は後日発表となっているので、オフィシャル・ウェブサイトをチェックしておこう。(岡)

・オフィシャル・ウェブサイト
http://the-high.net/

●CDリリース情報
発売日2017年7月19日(水)
アーティスト:The HIGH
アルバムタイトル:「Welcome To The Next World」
税抜き価格:2,500円
品番:DCPYC-1707
レーベル:DECCAPYES
流通:UK.PROJECT

収録曲
M1 Welcome To The Next World
M2 Sunday Tambourine
M3 We Had No Choice But To Do
M4 Baby I Love You
M5 Go Away
M6 Fool Rule
M7 Ruby Wednesday
M8 Johnny’s Train
M9 Everybody!
M10 Brand New Little Car
M11 I Feel Good Tonight
M12 One Piece

●ツアー情報
【The HIGH 2nd ALBUM Release TOUR】(仮タイトル)
07.19 代々木 Zher the ZOO YOYOGI
07.29 代々木 Zher the ZOO YOYOGI
08.04 埼玉 HEAVEN’S ROCK
08.06 千葉 LOOK
08.19 代々木 Zher the ZOO YOYOGI
09.01 新代田 FEVER
09.23 いわき SONIC
09.24 仙台 FLYING SON
11.10 小倉 FUSE
11.11 博多 CB
11.12 大分 CLUB SPOT
11.24 名古屋 TOKUZO
11.25 大阪 Fandango
11.26 岡山 Desperado
and more
※ライブ内容・チケット発売の詳細は後日発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。