ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

東京電力が、東北地方太平洋沖地震や計画停電等に乗じた悪質な勧誘や詐欺・窃盗に注意を喚起しています

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

東京電力が、東北地方太平洋沖地震や計画停電等に乗じて実施するのは「電気料金の値上げ」のみですので、くれぐれもご注意ください。

東京電力が、東北地方太平洋沖地震や計画停電等に乗じた悪質な勧誘や詐欺・窃盗に注意を喚起しています

東北地方太平洋沖地震や計画停電等に乗じた悪質な勧誘や詐欺・窃盗にご注意ください。

 東京電力では、以下のような内容でお客さまへご連絡することや事前のお知らせもなく訪問することはございません。
 ●電気料金メニューが変わるため、電気契約の見直しをお勧めする電話をかけて訪問しようとする。
 ●震災で実施できなかった検針に臨時で伺うと言い、電気料金を検針員に支払うよう要求する。
 ●節電ができて電気料金が割安になるという機器を売り込もうとする。【主な犯行の手口】

 ●ブレーカー調査などの名目でお客さま宅に上がり込み、お客さまの隙をみて金品を盗む。

 ●事前のお知らせもなく東京電力を名のって訪問し、漏電調査などの名目で器具の修理や取り替えを行い、多額の請求をする。

 ●集金員を装い、「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」を使って、電気料金を支払うよう要求する。

 ●当社社員を装い、お客さまの個人情報(口座番号、キャッシュカードの暗証番号等)を聞き出す。

 ●当社社員を装い、指定口座に現金を振り込むよう要求する(いわゆる「振り込め詐欺」)。

 ●当社社員を装った電話アンケートによって得た情報(家族構成、リフォームの実施有無等)をもとに、屋根の無料点検等をお客さまに申し出て、その後、悪質なリフォーム工事を強要する。【悪質な訪問販売の手口】
 ●オール電化にすることで電気料金が安くなることをうたい文句に、電気給湯機やIHクッキングヒーターについて、不当に高い価格で契約を迫る。
 ●太陽光発電システムの導入にあたり、光熱費や補助金について不実な告知で勧誘する。

 ●電気料金の削減ができることをうたい文句に、節電機器や小型変圧器などの売り込みをする。  

東京プレスクラブの記事一覧をみる ▶

記者:

東京プレスクラブについて: 「オープン&シェア」を合言葉に、現在話題となっている出来事の取材やネットでのオープンな資料・素材公開をおこなっているブログメディアです。特定の記者やジャーナリストだけではなく「新しいテクノロジーを使って誰でも参加できる情報共有の場をつくる」ことを目標に、共有すべき資料は迅速に共有し拡散することで皆さんのお役に立つことを目指しています。 東京プレスクラブに掲載された情報は転載・引用・転送・共有・拡散、すべて自由です。もちろん、ブログ、ニュースサイト、新聞、雑誌、テレビ、ラジオ等々のメディアでの利用も自由です。

ウェブサイト: http://tokyopressclub.com

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。