ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

多人数視点推理サウンドノベル『朱き炎の悲歌』体験版ダウンロード開始 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は多視点型サウンドノベルの体験版や、将棋をテーマにしたミステリーADVの公開など6本です。

Wooberg! 、多人数視点推理サウンドノベル『朱き炎の悲歌』体験版ダウンロード開始
akahika-1akahika-2akahika-3

オリジナル創作サークルWooberg!(うーばーぐ!)は25日、サウンドノベル『朱き炎の悲歌』体験版のダウンロード頒布を開始した。Windowsでプレイ可能。

『朱き炎の悲歌』は、炎を操る能力者「炎術師」がごくわずかに存在する世界を舞台に、多視点で描かれる推理もののサウンドノベル。体験版では炎術師の少女「霞城(かじょう)あかね」と、「ホームズくん」の渾名で呼ばれる少年の視点で物語の序盤をプレイ可能。平穏な日常が描かれる一方、あかねの周囲で不審火が発生するなど今後の展開も予感させる内容となっている。

表情や仕草、眼鏡の有無など豊富な差分が用意された立ち絵でシーンを演出したり、女性キャラクターの可愛らしさを画面いっぱいに表現したスチルが挟まれたりと、オリジナルのキャラクターイラストも魅力だ。

体験版では選択肢が制限されているが、完成版では選択肢によるストーリー分岐なども発生する模様。完全版は2018年夏のリリースが予定されている。また今後、体験版で読めるストーリーの内容の追加も検討されているようだ。

kotonoha*氏のフリゲRPG最新作『RiSE -囚われ少女の魔法譚-』が公開
rise-1
rise-2

RPG『ラハと魔法の園~the graystory~』などで知られるkotonoha*氏のフリーゲームRPG最新作『RiSE -囚われ少女の魔法譚-』が27日に公開された。RPGツクールMV製で、Windows、MacおよびWebブラウザ上でプレイ可能。想定プレイ時間は7~12時間。

同氏が2016年1月に公開したRPG『ナイトオブシンデレラ』のリメイク作品。魔法が失われた世界で、魔法を持つ少女の謎を解くため旅に出る少年が主人公となり、物語が展開する。

今回のリメイクではストーリーが一から書き直されており、マップデザインやユーザーインターフェイスなども一新され、コスチューム変更やテレポート機能といった新要素も追加されている。

Child-Dream、完全無償スマホアプリの将棋ミステリー『千里の棋譜』完結編を公開
senri

ゲーム制作集団Child-Dreamは23日、ミステリーアドベンチャーゲーム『千里の棋譜-完結編-』をAndroid/iOS向けにリリースした。

『千里の棋譜』は、将棋をテーマにしたミステリーアドベンチャーゲーム。コンピューターとの決戦を前に名人が失踪するという事件の真相や、将棋界で隠され続けた禁忌の棋譜の謎に迫っていく。実在の棋士・高橋道雄九段がゲーム内に出演するという趣向や、別アプリと連携し、ゲーム内での対局を実際に体験できる仕組みも特徴だ(対局をせずに進めることも可能)。

完結編からでもプレイ可能だが、将棋初心者やストーリーを最初から楽しみたい場合は『千里の棋譜Ⅰ序盤』からのプレイがお勧め。解説なども随時用意され、将棋を知らなくても楽しめる内容となっている。なお、全編ともに完全無償のアプリとして公開されている。

フリーゲームRPG「ひびかけ色のキセキ~portable~」のブラウザ版が公開
hibikake-plicy

ゲーム創作サークルecoddrのフリーゲーム『ひびかけ色のキセキ~portable~』のWebブラウザ版が、ゲーム投稿サイトPLiCyにて公開された。

『ひびかけ色のキセキ~portable~』は、同サークルが昨年、Windows向けにフリーゲームとしてリリースしたステージクリア型アドベンチャーRPG『ひびかけ色のキセキ』のリメイク版(関連記事)。これまでAndroid/iOS版が公開されていたが、ブラウザ版の公開によりPCでもプレイ可能となった。

PhantomIsland、オープンワールド3DACT『SLEEPWALKER』最新プレイムービー公開

ゲーム開発サークルPhantomIslandが開発中のオープンワールド3DアクションRPG『SLEEPWALKER』の最新プレイムービーが22日に公開された。

ムービーでは鎌による攻撃や、時間の流れを遅くする、空中を飛翔するといった特殊なアクションの様子を確認できる。完成は来年の春頃を予定しているという。

魔法を創るダンジョンRPG『魔法の女子高生』、アップデートでクリア後ダンジョンを追加

同人サークルilluCalabのダンジョンRPG『魔法の女子高生』のSteam版およびiOS版が22日にアップデートし、クリア後ダンジョンの追加などが行われた。

『魔法の女子高生』は、魔法の世界に迷い込んだ女子高生が主人公のダンジョンRPG(関連記事)。魔法へ自由に名前を付けることができ、それによって効果が決まるシステムが特徴となっている。今回のアップデートではクリア後ダンジョンが追加されたほか、既存のダンジョンのバランス調整なども行われている。

関連記事:

対戦格闘アクションシューティング落ちもの音楽ゲーム「∀kashicforce」体験版が公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス
システム独自開発のフリーゲームSRPG『インペリアライザー』新体験版が公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス
結界を駆使して戦う同人シューティングゲーム『雪晶石 -Malice Eater-』がフリー化 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。