体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

風邪で病院に行くべき8つの基準 内科と耳鼻科の選び方とは?

風邪で病院に行くべき8つの基準 内科と耳鼻科の選び方とは?
風邪は身近な病気なので、病院に行くべきか迷ってしまいますよね。安静にしておけば治るだろうと思って、病院に行かない方も多いかと思います。

今回は病院に行った方が良い判断基準と、何科を受診するかについて医師の方に解説していただきました。

病院に行くべき風邪の症状

医者
水分が取れており、自分の身の回りのことはできる場合は病院に行かないでも良い症状と判断しても良いですが、以下の場合は病院に行くことをおすすめします。

■ 大人で40度を超える発熱がある。

■ 37度台の微熱と咳、痰が2週間以上続く。

→結核などの可能性を考える

■ 発熱とともに、血便や強い腹痛を伴う嘔吐、下痢がある。

→ウイルス性胃腸炎=胃腸風邪ではなく、細菌性の胃腸炎の可能性がある

■ くしゃみ、鼻水、咳、痰といった症状がないのに、38度を超える熱だけがある。

→風邪ではなく熱の原因は他にあると考えられる

呼吸

■ 息苦しさが出てきたり、呼吸とともにゼーゼーヒューヒューという音がしたり、しんどくて体を横にできない。

→肺炎や喘息の可能性がある

体力の消耗

■ 体力の消耗が激しく、水分が取れない。尿や汗が出ない。

特に注意が必要なタイプの変化

■ 症状を訴えられない子どもや高齢者の場合、普段の様子を知っている人(保護者、介護者)から見て、普段の元気さがない、応答がおかしいと感じた場合。

海外地域から帰国した時

■ 何らかの疾患が流行している海外地域から帰ってきてすぐに風邪症状がある場合。

風邪の時に病院に行くべき持病

医療グッツ
以下の項目に当てはまる場合は、病院に行きましょう。

■ 糖尿病
■ ステロイドや免疫抑制剤を飲む必要のある病気(膠原病、腎炎、血液疾患、臓器移植後など)
■ がんで抗がん剤や放射線治療を受けている
■ 腎臓病で血液透析を受けている

病院に行くべき風邪

子ども

医療グッツ
■ 生後2カ月まで

症状に関わらず、37.5度以上の熱があれば受診するべきで、入院になる可能性があります。

■ 生後2カ月以降

38度以上の発熱があったり、食事、睡眠、遊びがいつも通りできず元気がない場合は受診を考えてください。

大泉門が閉鎖するまでの間は、大泉門が盛り上がっている(髄膜炎の疑い)、へこんでいる(脱水の疑い)ことも診断のサインになります。

妊婦

風邪の妊婦
妊婦は胎児を育てるために免疫力が低下しており、風邪をはじめ感染症にかかりやすくなっています。風邪やインフルエンザ、胃腸風邪にかかっても、赤ちゃんに影響が出ることはほぼありませんし、タミフルを含め多くの薬は妊婦さんでも使用することができます。

くしゃみ、鼻水、咳、痰と微熱のみで、飲食できるようであれば受診の必要はありませんが、不安であればかかりつけの
産科を受診しましょう。

その際は、あらかじめ電話で症状を伝え、待ち時間は別室を用意してもらうなどして、他の妊婦さんにうつさないように注意しましょう。

胎児に影響がある疾患

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会