ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

トーキング・ヘッズをサンプルした、中毒性抜群の1曲 / 「バッド・ライアー」セレーナ・ゴメス(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トーキング・ヘッズをサンプルした、中毒性抜群の1曲 / 「バッド・ライアー」セレーナ・ゴメス(Song Review)

 セレーナ・ゴメスの新曲「バッド・ライアー」が、2017年5月18日にリリースされた。この曲は、現在「イシューズ」が大ヒット中のジュリア・マイケルズ、セレーナの大ヒット曲「ハンズ・トゥ・マイセルフ」や「グッド・フォー・ユーfeat.エイサップ・ロッキー」などを手掛けたジャスティン・トランター、そして元彼ジャスティン・ビーバーの『パーパス』や、ブリトニー・スピアーズの最新作『グローリー』にも参加している、イアン・カークパトリックがソングライターとして参加。イアンは、プロデュースも担当している。

 「バッド・ライアー」は、セレーナとジュリア・マイケルズがファンだと公言しているトーキング・ヘッズの「サイコ・キラー」(1977年)がサンプリング・ソースとして使われていて、この曲の独特のリズムとベースラインが、曲にインパクトを与えている。奇妙で無骨だが、一度聴くと頭から離れない中毒性があり、聴きごたえ抜群。「ハンズ・トゥ・マイセルフ」に近い要素もあるが、これまでのシングル曲にはなかったタイプの楽曲ともいえる。

 何より素晴らしいのは、色気たっぷりのボーカル。終始力まず、囁くように歌っているが、時に情熱的に色香を放つセレーナのボーカルに引き込まれる。前作で体得したソウルマナーが全面に活かされていて、歌い手としての実力・魅力が更に増した傑作曲。最後の笑い声もゾクっとくる。

 セレーナは、トロピカルハウスの代表格、カイゴとコラボした「イット・エイント・ミー」が現在大ヒット中。「バッド・ライアー」のミュージック・ビデオが公開されれば、2曲連続のTOP10入りも期待できるかもしれない。この曲が収録予定の新作については、リリース日など明かされていないが、今年中にはリリースされるのではないかと思われる。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「バッド・ライアー」
セレーナ・ゴメス
2017/5/18 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

セレーナ・ゴメス製作総指揮『13の理由』シーズン2決定「彼らの物語は終わっていない」
セレーナ・ゴメス、最新インタビューで『13の理由』映像化への苦労を明かす
セレーナ・ゴメス、プロデューサーを務めたNetflixシリーズが放映開始&劇中で流れるヤズーのカヴァーを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。