体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【全国版・観光列車】レストランみたいな美食やスイーツ、絶景など☆絶対乗るべき19選!

【全国版・観光列車】レストランみたいな美食やスイーツ、絶景など☆絶対乗るべき19選! ※画像はイメージです。

車窓の景色を楽しみながら、旅の移動時間をもっと楽しくしてくれる「観光列車」。

日本各地には、地域の魅力をいっぱい詰め込んだ素敵な観光列車がたくさんあるんです。

レストランのような美食やスイーツを堪能するもよし。美味しい地酒を味わうもよし。かっこいい車体の姿を写真に収めるもよし。贅沢リクライニングでゆったり寛ぐもよし。そして、わくわくトロッコで冒険気分を味わうもよし。

ご紹介する全国の観光列車は、どれも趣向の凝ったものばかり!

お気に入りの列車を見つけたら、旅の目的のひとつに組み込んでお出かけ計画をたててみては?

※この記事は2017年5月時点での情報です

※状況により、運行情報や料金・メニュー等が変更となる場合があります

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

【東北/青森県~岩田県】TOHOKU EMOTION

TOHOKU EMOTION

レストランをイメージした、白いレンガのイラストの外観が印象的な列車は、目の前で調理するライブキッチンを中心としたレストラン空間。

TOHOKU EMOTION コンパートメント個室車両、ライブキッチンスペース車両、オープンダイニング車両の3両編成です。※画像はイメージです。

※画像はイメージです。

三陸の海といった車窓に映る情景に合わせて運ばれるのは、東北の食材をふんだんに使った往路のコース料理と、復路のオリジナルデザート。福島の刺子織、青森のこぎん刺し、岩手の南部鉄など、東北各地の伝統工芸をモチーフにしたインテリアだけでなく、オリジナルのBGMや食器など、そのもてなしはまさに「移動するレストラン」。

「列車全体がレストラン空間というところに驚きや魅力を感じて」「東北の食材を使ったコース料理やオリジナルデザートを満喫できる」と、列車のコンセプトと料理の両方に高い評価が集まっています。 TOHOKU EMOTION(JR東日本)

写真提供:JR東日本

「TOHOKU EMOTION(JR東日本)」の詳細はこちら

【東北/青森県~秋田県】リゾートしらかみ

列車DATA

■乗車料/指定席券(通常期、普通車・ボックス席共通)+区間乗車券

■運行区間/秋田駅~青森駅

■所要時間/約5時間(秋田駅→青森駅)

■運行日/青池、ぶな、くまげらの3編成で基本的に毎日運行。ただし、時期により運転日、運転本数、編成などに変更があり。事前にHPで要確認。(上り・下り各1日3本)

■予約・乗車券購入方法/「リゾートしらかみ」のきっぷのお求めは、「びゅう」、「えきねっと」、および主な駅のみどりの窓口をご利用ください。 リゾートしらかみ

「リゾートしらかみ」の詳細はこちら

【東北/岩手県】SL銀河

SL銀河
1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会