体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「オチビサン」10 周年原画展で初公開の鎌倉 アンノ邸に行ってみた!

「オチビサン」10 周年原画展で初公開の鎌倉 アンノ邸に行ってみた!

朝日新聞やAERAで連載10周年を迎えた「オチビサン」は、「ハッピーマニア」「働きマン」などで著名な漫画家、安野モヨコさんの作品。安野さんの作品はそれまで、時代を切り取ったエネルギッシュな作風のものが多かった。しかしオチビサンは四季折々の自然や生活をゆったりと描く、読み手がほっと安心できるような物語だ。

その原画展が、安野さんの自宅、鎌倉の「アンノ邸」で2017年5月23日から29日まで開催されている。早速駆け付け、安野さんの描く原画の鮮やかさ、住まいの隅々まで行き届いた美意識と世界観に浸ってきた。

原画の鮮やかさ、細やかさに感動。10周年ならではの作品展示も

さっそく期間限定のイベント初日に現地へ。今回は「オチビサン」10周年記念ということもあり、見どころもりだくさん。色鮮やかで優しいタッチでおなじみの「オチビサン」原画のなかには、初公開となる第8巻掲載の原画もあった。【画像1】会場ではたくさんの「オチビサン」がお出迎え(写真撮影/飯田照明) 【画像1】会場ではたくさんの「オチビサン」がお出迎え(写真撮影/飯田照明)【画像2】なかでも、初公開の第8巻掲載の原画に注目!(写真撮影/飯田照明)

【画像2】なかでも、初公開の第八巻掲載の原画に注目!(写真撮影/飯田照明)

独特の鮮やかな発色を生み出すポショワール技法については制作過程や道具類を紹介。ポショワール技法とはフランスで確立された、金属板を型抜きしてステンシルのように絵に着色をしていくもの。その技法を用いて、安野さんは、型紙の上からインクパッドで色を重ねて厚みの色味を表現していくのだとか。

今回は、そのポショワール技法で描かれた美人画や植物画も展示されている。さらに原画だけでなく、参考資料にした蔵書など、作品づくりに関わるさまざまなものが展示されているのが興味深い。

初めて見た安野さんの原画は、新聞や雑誌などの印刷物のイメージよりはるかに細かく、色合いも繊細でグラデーションが美しい。思わず見とれてしまう。「オチビサン」のトレードマークの赤も、いつも同じ色ではなく、季節やテーマカラーによって微妙に色合いが違い誌面がきれいに仕上がるようにしているとのこと、確かに比べてみると違いが分かる。【画像3】ポショワール技法の制作過程の説明と作品である植物画。思ったより細かな作業でびっくり(写真撮影/飯田照明) 【画像3】ポショワール技法の制作過程の説明と作品である植物画。思ったより細かな作業でびっくり(写真撮影/飯田照明)【画像4】今まで目にしていた印刷物に比べて原画が色鮮やかで色味も複雑だ。原画が飾ってあるカウンターは桜の古材を使用した一枚板、正面の木製建具は安野さんがこだわって集めた逸品(写真撮影/飯田照明)

【画像4】今まで目にしていた印刷物に比べて原画が色鮮やかで色味も複雑だ。原画が飾ってあるカウンターは桜の古材を使用した一枚板、正面の木製建具は安野さんがこだわって集めた逸品(写真撮影/飯田照明)

庵野&安野夫妻の「アンノ邸」はこだわりあふれる和洋折衷な古民家

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy