体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「卓球は楽なスポーツ!?」中学で卓球部員が多い理由とは

『2017世界卓球選手権ドイツ大会』が5月29日(月)~6月5日(月)に開催される。今や世界トップレベルの日本に世界が注目している、期待したい。

 


卓球王国 2017年05月20日発売号
Fujisan.co.jpより

 

そんな今…というか、数年前から中学・高校の卓球部員が急増していると聞いた。

 

友達の娘が中学生になり、この春から卓球部に入部したのだが、女子で新入部員が21人、男子で12人。聞けば、スポーツ部で、女子では1位、男子では3位くらいの人気とのこと。ちょっと驚いた。というのも、ひと昔前の卓球のイメージは「地味」「暗い」だったからだ。これは、あるタレントが卓球のことをそう言ってネタにしていたので定着したというのが大きいが、それも今は昔なのだろう。

 

考えてみれば卓球人気は頷ける。リオ五輪では男女ともメダルを獲得し日本中を歓喜させた。石川佳純、平野美宇、伊藤美誠が世界レベルだし、男子は水谷隼を筆頭に、若手期待の張本智昭など、東京五輪に向けて有望な選手が沢山出てきた。福原愛さんの結婚フィーバーぶりを見ても歴然だ。

 

そこで、近年の卓球人気についてちょっと調べてみたのだが、そこには良くも悪くも「イメージ」がつきまとっている感じがした。

 

高い人気を保持する卓球部

 

まずデータを調べてみた。平成28年度、日本中学校体育連盟によると、生徒の入部者数はこんな感じ。

 

卓球部員は男子で5位、女子で4位。競技種目が多い陸上部やバレーボールよりも人気なのだ。この入部員数の推移は、軟式野球部が年々減少傾向にある以外、少なくともここ6年は平行線で変わらないとのこと。

 

中学で卓球は、はじめやすい?

 

そこで、卓球経験者の知人に話を聞きながら考察した。この人気の理由は?小学生までは、校下に1チームくらいは野球やサッカーの団体が存在し、特に上手な児童は中学で更に「部活動」として続けられる。

 

では、その他のスポーツはどうだろう? 本格的に様々なスポーツと向き合えるのは中学に入ってからかもしれない。選択肢が多く、経験者が少ない分、スタートラインが同じになるわけだ。例えば、ソフトテニス、卓球、陸上、バトミントンなどは、中学になってからじゃないと本格的に始める機会が少ない。そこで何部に入ろうか消去法になる。

 

自分は、陸上をやるには脚が遅い、テニスやバドミントンのフィールドを動き回るほど体力に自信がない、などとして残る選択肢のひとつが「卓球」になる。現に、日本卓球協会でも、卓球競技のメリットとして

 

ルールが複雑ではない

他のスポーツと比べ、体格差にあまり影響されない

スペースをあまり取らない

 

などがあると述べている。確かに、体格にあまり左右されず互角に戦えるスポーツのひとつだろう。と考えると、誰でも始められるイメージの強いスポーツというのは頷ける。

 

卓球を「ナメんじゃないよ」


卓球レポート 2017年1月号
Fujisan.co.jpより

 

誰でも始めやすいスポーツだから、部員が沢山入ってくるのは喜ばしいこと、ウエルカムに違いない。卓球というスポーツの裾野が広がれば将来有望な選手の数が増えるわけだし。ところで、多くの卓球経験者はこんな質問をよくされるそうだ。

 

「卓球部って、練習厳しいですか?」

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会