体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一緒に暮らそう!ルームシェアとシェアハウスのメリット

一緒に暮らそう!ルームシェアとシェアハウスのメリット 01

最近流行りの「ルームシェア」や「シェアハウス」。シェアと聞くと、みんなでワイワイできて楽しそうといった反面、他人と住むのは何だか面倒なことが多そう……。と思う方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ルームシェアとシェアハウスの違いを説明した上で、それぞれどんな人なら快適に暮らせるのかをご紹介します。
そもそもルームシェアって人気なの?

ルームシェアの希望に関してアンケートを実施しました。

「ルームシェアをしたい?」

「ルームシェアをしたい?」
※20代~30代の男女330名に調査。(2016年12月16日CHINTAI調べ)

最近では、テラスハウスのようなテレビ番組が人気を得ていることもあり、ルームシェアしてみたい方も多いかと思いきや意外な結果に。
ルームシェアをしたくないという方が約7割と多数を占めています。実家を出ても誰かと暮らすということに抵抗があるのでしょうか……。
「ルームシェア」と「シェアハウス」の違い

roomshare_sharehouse
ルームシェアとシェアハウスって何が違うのでしょうか? 実際に住むときにイメージが違ったということがないように確認しておきましょう。
CHINTAIでは下記の通り「ルームシェア」と「シェアハウス」を定義しています。
ルームシェア

97230c3541f89647f211adc45154a6c0_s
元から知りあいの人たちが1つの物件(住戸・棟)を分け合って同居しているタイプです。同居人は基本的に同時募集。原則として代表者一人、その他の居住者は連名という形で賃貸契約をします。

ちなみに、同棲や兄弟での入居も広義ではルームシェアにあたります。
※物件の条件で見かける、「二人入居可/友人同士可」の物件は、主に兄弟や友人が二人、または複数人で入居することが可能なタイプです。
シェアハウス

pexels-photo-210620
他人同士が1つの物件(住戸・棟)内の居室を個別に借り受け、一人一人のプライベートスペースである個室があります。

シェアハウスの条件は原則として下記のような点が挙げられます。
・キッチンやダイニング、リビング、風呂、トイレ等は共同利用できる
・借主同士がコミュニケーションをとれるスペース(リビングやダイニング等)が設けられている
・最低でも施錠できる居室が契約人数分存在する
・他の居住者の居室を通らずに、自らの居室に行ける
・賃貸契約は、居室の借主個人がそれぞれ行う

また、シェアハウスは「学生限定」など、コンセプトやルールが定められていることが多いのが特徴です。
共通のメリット通常の一人暮らしより安い家賃でランクアップした物件に住める!

8614bc0d6d9bef47113bb514ce19c06b_s
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。