体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CHINTAIがレクチャー!見落としがちな物件の内見ポイント7選

CHINTAIがレクチャー!見落としがちな物件の内見ポイント7選 お部屋の内見

気になる物件があったときに、実際にそのお部屋の中を確認しにいく内見。いざ住んだときのイメージを掴むためには、とても大切な作業です。

後悔しない引っ越しをするためには、お部屋の中のイメージや設備、周辺環境など確認すべき項目がたくさんあります。しかし、特にはじめて一人暮らしをする方は、どんなところに注意して内見をすればよいのか分からないのではないでしょうか?

そこで今回は、多くの方が見ている内見のポイントをご紹介。さらに、CHINTAIが教える実は大切な内見ポイントも大公開します!
多くの人が見ているのは「水周り」!

内見をする際にどこをチェックするかについて、アンケートを実施しました。

「内見のときはどこを見る?」

「内見のときはどこを見る?」
※20代~30代の男女330名に調査。(2016年12月8日CHINTAI調べ)

水周りがダントツの6割強! 特に、水周りは写真だけだと分かりにくいというのが理由かもしれませんね。

他にも窓からの眺望や扉のたてつけ、ごみ置場などの建物の共用部を確認している方がいるようです。内見をする際にはどれも大切なポイント。ですが、見落としがちな部分でもあります。

そこで今回は、人気の少なかった「眺望、扉のたてつけ、建物の共有部」の注目ポイントと、その他にも内見の際に見るべき箇所とあわせて、7つのポイントをお伝えします。
水周り以外の項目の見るべきポイント1.眺望

01

内見の際は物件設備などに注目しがちなので、お部屋のからの眺めをよく見る方は少ないかもしれません。しかし、この眺望こそがとても重要な場合も! 
特に一人暮らしの女性は、向かいの建物から自分の部屋が見えないかどうかをきちんと確認しましょう。防犯面でも安心です。

また、窓がついている方角を確認するのもおすすめ。方角によって日があたる時間が異なるので、どの時間帯に洗濯物を干したら乾きやすいのかも分かります。
2.扉のたてつけ

居室や収納の扉の開け閉めをしてみて、使いやすさをチェック!写真だけでは分からない古さが分かることも。

また、これからの暖かい季節に内見をする方は、扉の締りも要チェック!締りが悪いと冬はすきま風で寒いこともあります。季節が変わっても快適に過ごせそうかも確認すると後悔も少ないはず。
3.共用部

3ac9864aac88580885fefbd60bae1bec_s

既に住んでいる方のマナーや質が分かるのが共用部です。ごみ捨場や集合ポスト、自転車置き場の使われ方などもチェックしましょう!

また、オーナーさんの管理具合なども分かります。共用部がきれいなのは、オーナーさんが定期的にメンテナンスをしているという証拠。
(場合によっては、住人が交代で行っていることもあります)
きれいにしているオーナーさんだと、お部屋の設備などの故障があったときもきちんと対応してくれる傾向にあります。逆に、共用部が汚いと故障などの際になかなか対応してくれないことも……。

共有部は自分で気をつけていても、どうにもできないこともあるので、必ず確認したいポイントです!
その他にも重要な内見ポイント

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。