体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワンランク上の生活が待っている! 家賃が高めのお部屋に同棲するメリット

ワンランク上の生活が待っている! 家賃が高めのお部屋に同棲するメリット 4783d50516b6227a41e2be0e6d8ac212_s

大切な人と一緒に暮らせる同棲。二人でいると楽しいのはもちろん、仕事で疲れて帰ったときや、少し嫌なことがあったときも、帰ったら心を許せる相手がいるのは嬉しいことですよね。
そんな同棲を始めるにあたってまず考えるのは、どんなお部屋に住むのか?についてです。最寄り駅は? 設備は何があったら嬉しい? など、いろいろな条件を思い浮かべますよね。二人で暮らすからこそ、これまでよりもよいお部屋に住みたいもの。

そこで今回は、同棲生活において実は家賃にお金をかけるメリットをご紹介します。
二人暮らしでお金をかけたいのは「お互いの趣味」が多数!

二人暮らしをする際にお金をかけたい項目に関してアンケートを実施しました。「二人暮らしではどこにお金をかけたい?」

「二人暮らしではどこにお金をかけたい?」

※20代~30代の男女330名に調査。(2017年3月23日CHINTAI調べ)
お互いの趣味が50%、次いで食費が25%、家賃は14%程度と食費よりも10%以上も低いです。
まだ若いので、趣味や友人や知人などとの外食にもお金をかけたいという方が多いのかもしれません。
でも実は、家賃にお金をかけるのはさまざまなメリットがあるんです!
家賃にお金をかけるメリット二人が通勤しやすいエリアに住める

通勤

家賃にお金をかけると、それだけ交通の便がよいエリアに住むことができます。ストレスのない同棲生活をする上では、どちらか片方だけでなく、お互いが通勤しやすいエリアに住むことも大切です。

また、そのエリアの中でも物件から駅までの距離が近いお部屋を選べるなど、移動の際に便利なのがメリット! 買い物や食事をするのに楽しくて便利なエリアなら、休日デートがもっと楽しくなりそうですね。
同棲を機にアクセスのよい物件に住むと、通勤の疲れやストレスが軽減し、心身ともに健康的な生活が送れるかもしれません。
収納がより大きい物件を選べる

収納たっぷりのクローゼット

二人暮らしは想像以上にモノが多くなり、収納スペースが小さいとお部屋が汚く見えることも。しかし、家賃にお金をかければ収納スペースも充実するので、スッキリとしたお部屋で快適に過ごせます!
ちょっと整理整頓が苦手という二人でも安心ですね。
水周りの設備やセキュリティのグレードがUP!

システムキッチン付

例えば独立洗面台がついた物件を選べるとなると、忙しい朝も余裕をもって準備することが可能。モニター付インターフォンが付けば、より安心の防犯対策ができます。
日々のちょっとしたストレスや不安も軽減されるので、さらに快適で楽しい同棲生活が送れそうですね!
家賃にお金をかける際に気をつけること自分たちに本当に必要な設備かどうかを見極める

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会