体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄タウンに巨人伝説 謎多き街・代田橋へ行ってみた

沖縄タウンに巨人伝説 謎多き街・代田橋へ行ってみた map

こんにちは。ライターの山本莉会です。

みなさん、沖縄って好きですか。筆者は大好きです。見渡す限りの青い空、白い砂浜に美しい海。そして、おいしいごはんにお酒。最高です。
ただ、遠いんですよね、沖縄って。東京からだと2時間以上かかるんですよ。もう、それ海外行けちゃうじゃないですか。

もっと手軽に、思い立ったらすぐ行ける沖縄があればと思っていた筆者が知ったのが、「代田橋」。なんでも、沖縄化した街があるんだとか。代田橋がどんな街なのか、この街に住むとどんな特典があるのか、さっそく調査に行ってみます!
新宿から2駅の沖縄へ

新宿からたった2駅で行ける、京王線・代田橋。杉並区の南東に位置している街です。

杉並区は、もともと沖縄出身の学者らが多く住んでいた街だそうです。
さびれた商店街を活性化させる際、沖縄にゆかりのある方の住居が多いことやすでに沖縄にちなんだお店が複数あったことから、ここ代田橋の商店街のテーマに「沖縄」を選んだのだとか。これが沖縄タウンへの入り口

これが沖縄タウンへの入り口

街を歩いていると、突如出現した沖縄タウン。東京の街を歩いていたはずなのに、気づいたら沖縄。例えるなら、「会社にいたはずなのに、気づいたら実家だった」みたいな夢を見ている感じでしょうか。

沖縄タウンに入ってまず見つけたのは、『片桐酒店』。軒先には、泡盛がずらりと並んでいました。『片桐酒店』の軒先。赤瓦が沖縄っぽい 『片桐酒店』の軒先。赤瓦が沖縄っぽい度数の高い泡盛も、ミニ瓶になると急にかわいい 度数の高い泡盛も、ミニ瓶になると急にかわいいゴーヤドライ。ゴーヤをビールにする発想がすごい

ゴーヤドライ。ゴーヤをビールにする発想がすごい

次に見つけたお店『いじゅん』では、さまざまな沖縄食品を販売していました。ここでは、沖縄名物のブルーシールアイスクリームが売られています。飛行機に乗ることなくブルーシールのアイスクリームを食べることができるのって、幸せですよね。代田橋に住めば、家から数分でブルーシールにたどり着ける

代田橋に住めば、家から数分でブルーシールにたどり着ける

08

サーターアンダギーに沖縄そば。沖縄に包まれすぎて「ここ、沖縄なんじゃないの?」と脳が錯覚しそうになる

少し進むと、沖縄料理をふるまうお店がいくつかありました。食事系メニューが充実していたので、家で自炊するのが面倒な日のちょい飲みにも良さそう。『沖縄酒場SABANI (サバニ)』と、店員のお姉さん。ぜひカウンターで飲みたいお店
1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会