体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

輪ゴムがワンタッチ着脱に進化!『オーバンド たばねバンド』が “束ねる・はずす”のストレスをゼロに!

輪ゴム、それは日本人でも大正時代から愛用されている束ねるためのアイテム。ただ気軽になんでもまとめられるのはいいが、誰しも感じる欠点は、はずすときの面倒。そんな輪ゴムの欠点を解消したのが、輪ゴムの進化形ともいえるオーバンド たばねバンドだ!

インテリアを損ねないカラーバリエーションと使いやすさ!

 

輪ゴムの代名詞ともいうべきブランドが老舗輪ゴム製造・販売会社の株式会社共和(大阪市西成区)による「オーバンド」。関東大震災の年に創業した会社で、はじめは自転車チューブを輪切りにしたところから歴史が始まったんだとか。そんな老舗が放つ『オーバンド たばねバンド』(5本入り・希望小売価格 税抜150円・発売中)の大きな特徴は主に2つ。色と使いやすさである。

 

輪ゴムの色と言えば、良く言えばスモーキーオレンジ、悪く言えば薄汚れたオレンジ色。一般には飴色と言われるカラーである。天然ゴムは乾燥の過程でゴム色になる。北欧系やモノトーン系などインテリアに強くこだわる消費者には昭和の事務イメージが強く、使いにくい色。「雑貨系はなるべく白!」と決めている記者にとっても、カラーゴムでないと購入する気にはなれなかった。

 

慣れた人だと意識にさえのぼらないのかもしれないが、輪の中にものを通し何度も巻きつけて、外す時は巻きつけた回数だけほどく必要があった輪ゴムは、実は面倒。この一般的な輪ゴムの2つの弱点を社内の若手女子社員たちが奮起し改良に改良を重ね作られたのが、「第55回大阪インターナショナル・ギフト・ショー春2016 新製品コンテスト」でグランプリを受賞した『オーバンド たばねバンド』だ。 

まずはその色。ピンク、オレンジ、ライトグリーン、ライトブルー、ホワイトの全5色。インテリアを邪魔しないミルキーな色使いで、女子なら嫌いな人はいないだろう。

 

さて、遠目で見ても変な突起が付いていることに気づく。

 

輪ゴムに“ヘッド”と“タブ”の2つの突起が付いており、この突起がワンタッチでのつけ外しを可能にした。

 

では使ってみよう。まずこのように巻きたいコードを束ねて持つとやりやすい。左にヘッド部分が来るように。

引っ掛ける時に邪魔になるので、ヘッド部分を隠さないように。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。