ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

これが木製!? うねりやねじれを実現するHOZOの新家具コレクション登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
hozo-newproducts_01

先端技術と手仕事を融合して具現化

2017年1月、家具ブランド・HOZOから新製品が発表されました。

HOZOはJGDSA(日本総合デザインサポート協会)が大分県内の様々な企業と協業し生産している家具ブランド。年に1回、家具のデザインコンテストを開催しており、応募作品の商品化を行っています。

HOZOのコレクションは、3DCGやCADなどのハイテク技術と職人による手仕事を融合した製品が多いのが特徴。デザイナーのユニークなアイデアを異業種間の技術連携で実現しています。

今回発表されたのは、HOZOの初アイテムとして発表された「いのちのかたちをしたローテーブル」の第2弾「いのちのかたちをしたサイドテーブル」。さらに、花岡徳秋氏がデザインを手がけた「CAVE TABLE」「BUNBUN」が新たにコレクションに加わりました。

どれも他では見たことのないような斬新なデザインで、ねじれたり、うねったり、まきあがったり、木製とはにわかに信じられないような有機的なカタチをしています。

まるで塩基配列のような造形は、データをもとにカットされた合板を職人たちが1枚づつ積層することで出来上がるそう。仕上げは手仕事。大胆な発想と気の遠くなるような綿密な作業によって作り上げられるHOZOのコレクションはすべてオーダーメイドの受注生産のため、サイズや塗装などはカスタマイズが可能です。気になる方はぜひお問い合わせください。

hozo-newproducts_002

積層式家具「いのちのかたちをしたサイドテーブル」

デザイン:上野大志

CAVE TABLE 「CAVE TABLE」

コンセプトは「反転と回転」。第20回木材活用コンクールにて第4部門賞を受賞。

デザイン:花岡徳秋

hozo-newproducts_04 「BUNBUN」

コンセプトは「結びつける」。

デザイン:花岡徳秋

hozo-newproducts_005

「BUNBUN」脚部。

いのちのかたちをしたサイドテーブル

デザイナー:上野大志

素材:バーチ材(オイルフィニッシュ)、ガラス

サイズ:W580mm × D580mm × H650mm ※オーダー家具のため、寸法・塗装法等は別途打ち合わせ可

価格:オーダー家具のため都度見積り

CAVE TABLE(ローテーブル)

デザイナー:花岡徳秋

素材:バーチ材(オイルフィニッシュ)、ガラス

サイズ:Msize W710mm × D710mm × H300m

Lsize W1050mm × W1050mm × H430mm

※オーダー家具のため、寸法・塗装法等は別途打ち合わせ可

価格:オーダー家具のため都度見積り

BUNBUN(ローテーブル)

デザイナー:花岡徳秋

素材:バーチ材(オイルフィニッシュ)

サイズ:W1300mm × D800mm × H320mm ※オーダー家具のため、寸法・塗装法等は別途打ち合わせ可

価格:オーダー家具のため都度見積り

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

毎週土日はビオトープのバザー、t-b-d営業終了に伴う特別価格セールも
「青山陶器市」も同時開催。美濃焼8社の”おかみ”が企画した商品の展示販売会
夫婦でつくる無垢の家具「平山日用品店・展」が京都市内で開催

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。