ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

本格派なのにSNS映えも! 品川区のおいしいタイ料理屋

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本格派なのにSNS映えも! 品川区のおいしいタイ料理屋
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。週替わりのテーマに沿ったグルメを紹介している同コーナー。5月24日(水)のオンエアでは、品川区中延にあるタイ料理店「ADIANTUM (アジアンタム)」に注目しました!

紹介してくれたのは、タイ料理専門ブログ「クン・プーのタイ料理食べ歩きブログ」の管理人、クン・プーさん。アジアンタムは勿論タイ料理がメインですが、日本人のコック・高田祐介さんが以前イタリア料理を専門にしていたことから、「タイフュージョン」といわれる変わったものも提供しているそう。外見も、一見カフェのような印象なんだとか。

高田さんは、タイ人の奥さん・キップさんとお店を始めるにあたって、タイ現地の最新フードカルチャーを取り入れたいと考えたそうです。「今、タイは新しい料理やカフェ文化がすごい勢いで伸びていて…そうしたタイの若者がリアルタイムで食べている新しいタイ料理を『日本でも提供したい』と思ったのがきっかけですね」と高田さん。伝統的な料理を今風にアレンジした料理が流行るなど、日々進化している現地のタイ料理ですが、高田さんは「ニューヨークやシアトルにあるようなタイ料理」をモチーフに、新しいスタイルをつくりあげたのだとか。しかも行き過ぎた創作料理ではなく、厳しい目をもつタイ人の奥さんも認めた本格的な料理となっています。

中でも定番メニューのグリーンカレーは、高田さんの日本の視点がきいた一品です。

「タイのハーブとココナッツミルク、ナンプラー、パームシュガーなどで作ったカレーなのですが、敢えてジャガイモとかニンジンなど旬の野菜を取り入れ、僕が札幌出身でスープカレーが好きなので、ゴロゴロとした野菜を一緒に食べたいなと思い、具材を全部いれて煮込む形ではなく、1つひとつを素揚げしてそこにカレーを注ぐスタイルにしました」(高田さん)。

スープの上に揚げなすやチキンなどがきれいに配置された、SNS映えもばっちりなグリーンカレー。日本で馴染みのないスパイスも現地から調達し、日本人向けに調合して食べやすくする工夫もしているそうなので、少し変わりダネの本格派を口にしたい、そんな人にもオススメです。日本人の口にも合う本場の味、お試しあれ!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。