体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春本番! 薄着に向けて今からダイエットするなら……

生活・趣味

すっかり春めいてきましたね。まだ風が冷たいからといって油断していると、薄着の季節はあっという間にやってきます。その厚着の下に隠された“肉”が日のもとにさらされるのです! 心の準備と体の準備は万全ですか?
心も体もダルダルにたるみきった私も本格的な春に向けて引き締めるべく、まずは知識からだと『花王ヒューマンヘルスケア プレスラボ』に行って参りました。

テーマはずばり「女性の加齢にともなう代謝変化」。
社団法人人間生活工学研究センターが3000人の女性のデータをとったところによると、年を重ねるにつれ胴囲も腹囲も増えるのに対し、体重の増加はさほど目立つ数値ではありませんでした。これが何を意味するかというと、筋肉が減り脂肪が増え、体型に引き締まりがなくなっているということ。ああ、もう思い当たることがありすぎて、壇上で講演している研究員さんの顔がまともに見られません……。
女性の皆さん、「バストの位置、こんなに下だっけ?」「おしりのハミ肉がヤバイ……!」なんてことありませんか? それは加齢によるものかもしれません。しかし「加齢ならしょうがない」と諦めるのは早計です。むしろそこで諦めてしまうと、どんどんしまりのない体になる一方。

男女ともに基礎代謝量のピークは20歳前だそうです。あとは徐々に下がるばかり。40歳女性の基礎代謝量は、なんと10歳レベルまで低下するんだとか。身長や体重は明らかに10歳の頃より増えているのだから、10歳レベルの基礎代謝量で足りないのは自明の理。若い頃より年を重ねたほうが、やせにくいと感じるのはこのせいなのでしょう。

「やせにくいなら、今まで以上にがんばってダイエットすればいいんでしょ!」と思ったなら危険です。生活者研究センターによれば、“食事を抜く”“ダイエット食品やサプリメント”“一品(リンゴ・キャベツ・豆腐など)ダイエット”など、自分に厳しいことを課すダイエットは失敗する率が高いというデータが出ています。
そして恐ろしいことに、たとえリバウンドで増加した体重が元の体重より少なくても、リバウンドすると筋肉よりも脂肪のほうが大きく増加するというのです! ダイエットで失われた筋肉は戻りにくく、脂肪は増えやすいとか……これでは厳しいダイエットをした甲斐がありません。
さらに40代、50代女性にデータをとったところ、代謝が落ちていることは自覚しているのに、筋肉が落ちたと自覚している女性は案外少ないことが分かりました。筋肉が落ちていることが代謝の低下につながっていると気づかずに無理に食事を減らすなどしても、根本的な解決にはなりません。

ダイエットはやはり地道に続けなければ意味がないようです。そして代謝をあげて脂肪を燃焼することが大事。ウォーキングやストレッチなどの運動を、生活習慣として定着させていくことが成功の秘けつです。また、“遅い時間に食べない”“炭水化物を控える”“毎日の体重を記録する”なども成功につながりやすいダイエット方法として紹介されました。でも、こうした生活習慣って、身につくまでが案外大変なんですよね。効果が出るまではサボりたくなるときもあるでしょう。

そこで花王からダイエットの後押しをしてくれる製品として発売されるのが、『ヘルシア五穀めぐみ茶』です。『ヘルシア五穀めぐみ茶』には高濃度茶カテキンが含まれており、これがダイエットを効果的にサポートしてくれるとのこと。いったいどうやって?

食事でとった脂肪は、小腸で吸収され、血管をとおって肝臓に送られます。肝細胞のなかには、脂肪を消費する酵素“β(ベータ)酸化関連酵素”があります。“高濃度茶カテキン”を継続摂取すると、β酸化関連酵素が増加・活性化し、食事でとった脂肪、体についている脂肪両方の消費が活発になります。

以上が花王からの回答でした。なるほど……難しい言葉も出てきましたが、とりあえず継続して飲めば、脂肪をたくさん消費してくれるということは分かりました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会