体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「世界中の悪い人、滅んだんだな」人の優しさに触れた私が物乞いの子どもにした行動は

「世界中の悪い人、滅んだんだな」人の優しさに触れた私が物乞いの子どもにした行動は

この記事では、TABIPPOがつくりあげた最初の旅の本、『僕らの人生を変えた世界一周』のコンテンツをTABIPPO.netをご覧の皆様にもご紹介したいと考え、本誌に掲載している世界一周体験記を厳選して連載しています。

今回の主人公は、斎藤希生子さん(当時 22歳)です。

「世界一周」。それは、誰もが憧れる旅。でもその旅、夢で終わらせていいんですか?
人生最後の日のあなたが後悔するか、満足できるかどうかは今のあなたが踏み出す一歩で決まります。この特集では、そんな一歩を踏み出し、何も変わらない日常を生きることをやめて、世界中を旅することで人生が変わった15人の感動ストーリーを連載します。

 

\この記事は、書籍化もされています/

sekaiisshu_mainvisual-01

・斎藤希生子(当時 22歳)/ 大学生 2010.8 〜 2010.10 / 80日間 /17ヵ国

・世界一周の旅ルート

香港→インド→イギリス→フランス→ドイツ→チェコ→オーストリア→ハンガリー→トルコ→エジプト→スペイン→エクアドル→ペルー→ボリビア→チリ→ニュージーランド→オーストラリア

 

夢は、ウルルン滞在記!!

中学校の卒業アルバムに書いた夢。「ウルルンの人」。残念ながら、ウルルン滞在記は私が高校生の時に終わり、あっ!という間に時は経ち、気づけば私は大学生。

3年生の秋からは就活を始めてはいたけれど…。(未来の自分が何をしているのか、全ッ然想像できない!)就活をしているのは自分だけど、中身はそこにないような。
企業への就職ではなく、別の道を考え始めたタイミングで、思い出しました。
(そういえば私、ウルルンどころか海外にまだ行ったことない!)
(やっぱり最初はバックパッカーの聖地、タイかなぁ!)
(や、でもヨーロッパで生ハムとワインとかもいいな…)
(いやいや、でもせっかくだからイースター島でモアイとか!)

調べ出したらどこも素敵で、行きたい気持ちが増してしまい、全然、行き先、決まらない。
(うーん。え〜い!もう、全部行っちゃえ !!)

 

ということで、世界一周をすることにしました。初めての海外、初めての世界一周。
(この先したいことが見えてないんなら、とりあえず、今したいと思うことをしてみよう!)

 

「ピッてして、GO だよ!」

出発する前日は、得意のぎりぎり野郎を発揮して、カギを買ったり、もうとにかく準備に追われていました…。買い出しの帰り道、PASMO を買えず、明らかに困っている韓国人の観光客に出逢う。

「どーした!」
勇気を出して聞くと、韓国語でめっちゃ話してくる彼ら。お互い「わっかんねー!」となり、とりあえずジェスチャー!
「ピってして、GO だよ !!」

 

無事 PASMO を手にした二人が、ピってして GO して、反対側のホームから笑顔で手を振ってくれたのが嬉しくて、
(あ、こうやって言葉の壁とか越えながら、私の旅も始まるんだなぁ)
と、ソワソワがワクワクに変わった出発前夜でした。

 

休学なしの弾丸3ヵ月世界一周!

休学はしなかったので、夏休みまるまる+ 10 月を使って3ヵ月の短い旅。
(はじめまして、世界!)香港。初めて降り立つ外の国。

さ!まずは海外のバスにチャレンジ!32HK$ と言われ、迷わず 40HK$ 入れる!おつり出ないよ!
…とりあえず、運転手のおっちゃんに、行きたい場所を伝えておく。おっちゃんはぶすっとしたまま。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。