体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“お坊ちゃん”の僕には、ザンジバルで出会ったホームレスが自分より輝いて見えた

“お坊ちゃん”の僕には、ザンジバルで出会ったホームレスが自分より輝いて見えた

この記事では、TABIPPOがつくりあげた最初の旅の本、『僕らの人生を変えた世界一周』のコンテンツをTABIPPO.netをご覧の皆様にもご紹介したいと考え、本誌に掲載している世界一周体験記を厳選して連載しています。

今回の主人公は、竹内秀晃さん(当時 21歳)です。

「世界一周」。それは、誰もが憧れる旅。でもその旅、夢で終わらせていいんですか?
人生最後の日のあなたが後悔するか、満足できるかどうかは今のあなたが踏み出す一歩で決まります。この特集では、そんな一歩を踏み出し、何も変わらない日常を生きることをやめて、世界中を旅することで人生が変わった15人の感動ストーリーを連載します。

 

\この記事は、書籍化もされています/

sekaiisshu_mainvisual-01

・竹内秀晃(当時 22歳)/ 大学生 2009.9 〜 2010.3 / 181日間 /21ヵ国

・世界一周の旅ルート

インド→香港→マカオ→南アフリカ→ナミビア→ザンビア→タンザニア→ルワンダ→ウガンダ→ケニア→デンマーク→イギリス→エジプト→ヨルダン→スペイン→モロッコ→ベネズエラ→ブラジル→ペルー→チリ→オーストラリア

 

イイトコのボッチャンの世界一周

苦も労も知らぬ、イイトコのボッチャン。世界一周に行く前のボクをひと言で表すなら、こうなるだろう。裕福な家庭に生まれたボクは、何不自由なく、我慢のいらない生活を送ってきた。受験勉強も無縁。附属校という名の心地いいエスカレーター。

部活も習い事も食いつきはいいけど、まるで続かない飽き症。苦も労も知らぬボッチャンは、自由に、平凡に、流れに身を任せきった、ストレスフリーな 20 年間を生きていた。

 

そんなボッチャンは、ある日、ふと考えた。十分にネジの緩んだ人生ではあるが、まだまだ物足りぬ。もっともっと楽しいことがやりたいぞ、と。アレコレ頭の中を巡った結果、「世界一周」をひらめいた。

(ひとりで世界をさすらったら渋いなぁ、イケてる!)…んでも、世界一周にそんなカッコよさなど必要だろうか?考えた結果、トモダチを誘ってみることにした。だって、単純にみんなで行った方が楽しくなると思ったから。

 

友人A「ねぇ、世界一周しない?」「オッケー」
友人B「ねぇ、世界一周しない?」「就活が…」
「でも今しかないよ」「それもそうだね、行こう!」
友人C「ねぇ、世界一周しない?」「卒業が…」
「でも今しかないよ」「両親が…」
「じゃあ、いつ行くの?」「それもそうだな、行くか!」

いとも簡単に旅のお供は増え、4人での世界一周が決定した。

 

刺激という刺激が群れをなす

やれはじまった世界一周は、想像を越えるオモシロさだった。

見たこともない景色に「スゲーッ」って感嘆の声をあげて、
初めて食べる料理に「ウメーッ」って舌鼓を打って、
想像を絶する美女に「カワイーッ」って鼻の下を伸ばして、
肌の色も違う人々と「タノシーッ」って腹を抱えて笑い合う。

刺激という刺激が群れをなして、襲いかかってくる毎日。

 

幸せのバロメーターは吹っ切れた

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。