ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

キャッシュレス型パーキングメーターアプリ「Parking Kitty」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ポートランドのキャッシュレス型パーキングメーター「Parking Kitty」スマホアプリ「Meter Feeder」や「Parkmobile」など、スマートフォン決済により路上パーキングが利用できるキャッシュレス型のパーキングメーターが、近年、欧米で広がってきた。

米オレゴン州ポートランドでは、行政機関が主導し、この仕組みを積極的に導入している。

・ポートランドの路上パーキングがキャッシュレスに!?

「Parking Kitty」のスマホアプリ画面ポートランド交通局(PDOT)は、2017年5月、市内1万5,000カ所以上の路上パーキングスポットを対象に、スマートフォン決済で駐車できるスマホアプリ「Parking Kitty(パーキング・キティ)」をリリースした。

シカゴやボストン、トロントなど、世界3,000カ所以上で展開する「Passport」のパーキングメーターソリューションをベースとし、路上パーキングの利便性を高めながら、ネコのキャラクターをあしらうことで、親しみやすさもアピールしているのが特徴だ。

ドライバーは、パーキングスポットに駐車した後、4ケタの地区コードやナンバープレートを入力し、15分単位で駐車時間を設定すると、このスマホアプリと連携されているクレジットカードで駐車料金が決済される仕組み。

終了時刻が迫ってくると、ネコの鳴き声で、ドライバーにその旨が自動通知され、駐車時間を延長する場合は、スマートフォン上で追加料金を支払うことができる。

・次世代に向けた駐車管理システムへの第一歩

ポートランド交通局では、2035年までに12万2,000世帯規模で人口が増加するとの予測のもと、市内の駐車管理システムの見直しをすすめてきた。

「Parking Kitty」は、次世代型駐車管理システムへの第一歩としても、注目されている。

Portland Bureau of Transportation

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。