ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

これは恋? 山手線6駅分の会話がなんだか心地よかった。 #近未来に恋をする

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「恋愛に、悩んでる」

「何かあったの?」

「何もなさすぎて」

「それはさぞ、悩むだろうねえ」

そんな皮肉いっぱいのやりとりを、同僚とした。

最近、仕事が充実していた。

ひとりで暮らすぶんには生計が立つようになったし、支えてもらう相手がいなくてもなんとかやっていけるほど、精神的にもたくましくなっていた。

恋愛というものから遠のいて数年。私には浮いた話が一切ない。

「なんか、イイ人いないの?」

同僚が、定型フォーマットに当てはめた質問を繰り出す。

「いたら苦労しないよ」

行きつけの焼き鳥屋を出ると、大きく伸びをして心地よい夜風を吸う。

「イイ男、いないかなあ…」

20170525_katsuse03.jpg

私のささやかで傲慢な悩みは、解消されないまま朝になった。ただ、翌日になって、ある夢を見ていたことに気付く。

二足歩行するネコが出てきて、「あなたが異性として好きな人は誰なのか、教えてあげましょう」と言い、私の手元に古そうな携帯電話を置く夢。

紳士的なネコは、真っ直ぐに私の目を見ながら言った。

「明日、この電話で適当な番号を押して、かけてみてください。どんな番号であっても、あなたが無意識のうちに好きだと思っている相手にかかります」と。

そして、その翌朝がいまで、私の手には、しっかりと古い携帯電話が乗っている。

──そんなことがあったとする。この世界に、ひとつだけ恋を手助けする未来のテクノロジーが存在したとする。それをあなたが手にしたら、どんな恋をするだろう。

この連載では、ライター・カツセマサヒコが、ひたすらありもしない「もしも」を考えていく。

Chapter 1 山手線6駅分の会話がなんだか心地よかった彼

携帯電話の見た目は、明らかに壊れているように見える。

ストレートタイプのガラケーの画面には、何も映っていないし、試しにボタンを押しても反応しない。

「これ、適当に押してかかった番号が、本当に知らないおばあさんとかだったらどうすればいいの?」

質問したいけれど、相手は夢の住人なもので、回答は得られそうにない。「信じてみて」と目を細めて言うネコの姿だけが思い返された。

とりあえず仕事に行くため、古い携帯電話を鞄に放り込み、家を出た。

20170525_katsuse05.jpg

職場までは山手線で一本。都内に住んでもう10年近く経ち、満員電車も慣れきってしまった。人というよりはモノになりきり、心を殺して電車に揺られ、目的地へ向かう。

ふと、人の波に体を任せてホームに降りたところで、見たことのある人影に気付き、私はモノから人へと気持ちを戻した。

一昨日もたまたま再開した、大学時代の男友だち。

大きな会社名も、大きな肩書きもないけれど、山手線6駅分の会話がなんだか心地よかった彼と、今日も同じ駅で会ったのだった。

「おつかれ」

後ろから声をかけると、少し驚いた顔をしてから、「おう」とぶっきらぼうに彼は返す。

Chapter 2 「あれ、なんでオレの番号知ってんの?」

彼を異性として好きかどうかを判断するには、材料が少なすぎた。

もう何年も恋をしていないせいか、柄にもなく「好きって、なんだっけ?」と悩んでしまっていたのが、一昨日のことだった。

別に容姿が整っているわけではない。

ファッションセンスもいいほうとは言えないし、たまに毒を吐くこともある。

それでも許せたのは、古くからの付き合いもあるからだし、それらが異性として魅力的かどうかは別として、彼との会話は、それほど苦痛じゃなかった。

20170525_katsuse02.jpg

会社の方向が別々なので、「じゃあね」と別れを告げてから、ふと振り返って彼の背中を見る。

「いま、電話をかけてみれば、彼が出るかどうか見えるんじゃない?」

もしも彼が出たら、この携帯電話は私の気持ちをはっきりさせてくれるし、彼が出ず、ほかにどこにも繋がらなければ、私に好きな人はいない。

もしもまったく知らない人に繋がれば、それはさすがに、ただの壊れた電話ってことなのだろう。

脳内を都合良く整理すると、鞄からあの携帯電話を取りだす。090から始まる適当な11ケタを入力。画面には映らないので、確認はできないまま通話ボタンを押した。

視線を彼に戻す。

こちらに背を向けてまっすぐに歩いていた彼が、おもむろに体を動かし、ジャケットからスマートフォンを取り出して耳に当てる姿が見えた。

「もしもし?」

その声はまさに、さっき別れたばかりの彼のものだった。

「あれ、なんでオレの番号知ってんの?」

好きだからだよ。

自分でもまだ認めきれずにいるその一言を、なんとか飲みこんで誤魔化した。

──「カツセさん、好きって何なんですか?」という、青春ド真ん中な質問をたまにされます。僕は「なんだろうねえ」と思いながら、「その場にいない相手のことを四六時中考えてるときの、そのなんとも言えない気持ちのことじゃない?」と返す。

正解はわからない。でも、「試着室で思い出したら恋」みたいなキャッチコピーがあったと思うし、きっと恋には、「その場にいないときに顔が浮かぶかどうか」という指標が合っているのではないかと思う。

「好きかどうかわからないけど、気になる人がいて」は、たぶんもう好き。「彼のこと、好きかどうかわからなくなってしまってて」は、たぶんもう嫌い。そのくらい、わかりやすいことばかりならいいのになと思いました。

撮影(トップ)/田所瑞穂 撮影(4枚目)/出川光 写真(2、3枚目)/Shutterstock 文/カツセマサヒコ

連載「近未来に恋をする」をもっと読む

こちらも読まれています

元カレのこと忘れたい? 忘れたくない? #近未来に恋をする

いつだってファッションを楽しむ。働く女子のチカラになる「第2の勝負下着」 #sponsored

二の腕のブツブツ治したい…。女医に聞いた、正しいお手入れの仕方 #sponsored

■ あわせて読みたい

ヒュー・ジャックマン主演のアメコミがR指定「子どもは大人の男性2人が体の衰えについて話すシーンを7分間も耐えられないからね(笑)」
「いつもがんばってるね」あなたのやる気スイッチが入るひと言は? #深層心理
パクチスト歓喜。ついに新宿でパクチーフェス
あなたの将来のパートナーはどこにいる? #深層心理
ぜいたくすぎ! スウェーデンが国全体をAirbnbに登録
アリアナのコンサートで爆発。ケイティ・ペリーやケンダルがTwitterで不安に寄り添う
ビヨンセみたいなフェミニストアイコンが、日本にいるとは思わない。A.Y.Aの原動力

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。