体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

これは恋? 山手線6駅分の会話がなんだか心地よかった。 #近未来に恋をする

生活・趣味

「恋愛に、悩んでる」

「何かあったの?」

「何もなさすぎて」

「それはさぞ、悩むだろうねえ」

そんな皮肉いっぱいのやりとりを、同僚とした。

最近、仕事が充実していた。

ひとりで暮らすぶんには生計が立つようになったし、支えてもらう相手がいなくてもなんとかやっていけるほど、精神的にもたくましくなっていた。

恋愛というものから遠のいて数年。私には浮いた話が一切ない。

「なんか、イイ人いないの?」

同僚が、定型フォーマットに当てはめた質問を繰り出す。

「いたら苦労しないよ」

行きつけの焼き鳥屋を出ると、大きく伸びをして心地よい夜風を吸う。

「イイ男、いないかなあ…」

20170525_katsuse03.jpg

私のささやかで傲慢な悩みは、解消されないまま朝になった。ただ、翌日になって、ある夢を見ていたことに気付く。

二足歩行するネコが出てきて、「あなたが異性として好きな人は誰なのか、教えてあげましょう」と言い、私の手元に古そうな携帯電話を置く夢。

紳士的なネコは、真っ直ぐに私の目を見ながら言った。

「明日、この電話で適当な番号を押して、かけてみてください。どんな番号であっても、あなたが無意識のうちに好きだと思っている相手にかかります」と。

そして、その翌朝がいまで、私の手には、しっかりと古い携帯電話が乗っている。

──そんなことがあったとする。この世界に、ひとつだけ恋を手助けする未来のテクノロジーが存在したとする。それをあなたが手にしたら、どんな恋をするだろう。

この連載では、ライター・カツセマサヒコが、ひたすらありもしない「もしも」を考えていく。

Chapter 1 山手線6駅分の会話がなんだか心地よかった彼

携帯電話の見た目は、明らかに壊れているように見える。

ストレートタイプのガラケーの画面には、何も映っていないし、試しにボタンを押しても反応しない。

「これ、適当に押してかかった番号が、本当に知らないおばあさんとかだったらどうすればいいの?」

質問したいけれど、相手は夢の住人なもので、回答は得られそうにない。「信じてみて」と目を細めて言うネコの姿だけが思い返された。

とりあえず仕事に行くため、古い携帯電話を鞄に放り込み、家を出た。

20170525_katsuse05.jpg

職場までは山手線で一本。都内に住んでもう10年近く経ち、満員電車も慣れきってしまった。人というよりはモノになりきり、心を殺して電車に揺られ、目的地へ向かう。

ふと、人の波に体を任せてホームに降りたところで、見たことのある人影に気付き、私はモノから人へと気持ちを戻した。

一昨日もたまたま再開した、大学時代の男友だち。

大きな会社名も、大きな肩書きもないけれど、山手線6駅分の会話がなんだか心地よかった彼と、今日も同じ駅で会ったのだった。

1 2 3次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会