体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

優秀な人材を離さない人事評価のキモとは? 【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

エンタメ
優秀な人材を離さない人事評価のキモとは? 【鬼頭あゆみの「本が好きっ!」】

みなさん、こんにちは!

インターネットラジオ「本が好きっ!」のパーソナリティ鬼頭あゆみです。

「本が好きっ!」25回目のゲストとしてお越しいただいたのは、『人事評価制度だけで利益が3割上がる!』(きこ書房刊)の著者、高橋恭介さんでした。

■年齢関係なく能力に応じて評価をしないといけない時代に

今回は「人事評価」に関する本ということで、かなり硬めのビジネス書なのかな?と思いながら手にしたのですが、会社員でも管理職でもない私でもスラスラと読める、分かりやすい本でした。

もともと「人事評価」についてあまり知らない私でしたが、読んでいくと奥深さを感じました。特に面白かったのが、業績もアップし、社員も定着するという人事評価のポイントが、スポーツ選手のように、能力に応じて評価をすることだったのです。

確かに日本の会社は、若い頃は給料が少なくても、いずれ上がるからという終身雇用を前提にしているところもまだまだ少なくないと思います。でも、それでは良い人材は確保できないのが今の時代。転職は普通になっていますし、能力のある人を適切に評価しないと、会社の業績にも響く時代なのですね。

■一方で全社員一律の昇給は逆効果…。

また、本書でもう一つ印象に残ったところがあります。

それは「マイナス評価もきちんとする」ということ。

高橋さんがそれに気づいたのは、前職で副社長をしていたときに、全社員に一律1万円の昇給をしたら、逆に不平不満が逆にたまり、コストをかけたのに誰も喜ばなかったことだったそうです。

同じ昇給をするにしても、能力の高い人にはプラス、能力の低い人にはマイナスとしないと結局、良い人材から先に会社を辞めてしまうと気づかれたとお話くださいました。


(画像左:著者・高橋恭介さん 画像右:鬼頭あゆみ)

高橋さんのすごいところは、そうした気づきを経て新しい人事評価制度を作り、それを多くの会社に導入していく活動をはじめたことです。そして実際、この7年間で1000社に導入されるほど広がっているとか。

また、評価だけでなく、社員の目標設定も同時に行う仕組みになっているため、自分の働き方の指針が見えて、より合理的に目標に達成する努力を自然と行うようになるそうです。

高橋さんの考える新しい人事評価が、これまでの評価制度と大きく違うのは「差をつける」ことにあります。

全員一律ではなく、差があるからモチベーションアップにつながるというわけです。

確かに、スポーツ選手の世界では、1分1秒どう動いたかで評価され、年俸にも差がつきます。ビジネスの世界でも、きちんと差をつけて評価していかないと、優秀な人材がどんどん別の会社に移る時代がくるのではないかとわかりやすく伝えてくださいました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会