ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

DISH//、新番組「日本縦断はじめましての旅リターンズ」7月より隔週レギュラー放送

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
DISH//、新番組「日本縦断はじめましての旅リターンズ」7月より隔週レギュラー放送

結成5周年を迎えたDISH//が、7月19日よりフジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmartにて隔週レギュラー番組「DISH//日本縦断はじめましての旅リターンズ」をスタートする。

「DISH//日本縦断はじめましての旅リターンズ」は、彼らが原点として行った「DISH//日本縦断はじめましての旅2013」の続編。2度目となる日本縦断ロケで、前回とはスタートとゴールを逆にし、前回の最終地点である鹿児島県から桜島をバックに始まり、スタート地点である日本最北端の地北海道稚内までを7日間バスで縦断した。

旅の間、メンバーは自分の財布を没収され、毎日メンバー考案のLINE LIVE生配信をゲリラ的に行い、その視聴数をもとに生活費が支給されるという過酷なルール。早朝から深夜まで全国各所で行われる企画を通して様々な体験をしながら体力と精神力の限界に挑むツアーとも言える内容となった。

鳥取では寺で宿坊体験をしながら滝行にもチャレンジ、京都ではライブハウスの対バンイベントにオープニングアクトとして急きょ出演。名古屋ではBOYS AND MENの研究生から最近デビューしたユニット「祭nine.」との対決企画。

秋田では田植え体験をし、竿頭まつりの若者たちと共に民家に宿泊させてもらい、札幌ではファンイベントに集まったたくさんのスラッシャー(ファン)に新体制5人揃っての姿では初めてのお披露目をして温かく迎えられた。

また、旅の間には「旅の各地で1000人と記念撮影をすること」「旅の終わりまでにこの旅をテーマにオリジナル楽曲を作ること」をミッションとして課され、達成できなかった場合、メンバーは「ふんどし写真集」を出さなければならない。この過酷な試練が達成されたのか否か、どのような結果となったのかは番組で確認してみよう。

さらに、今年元日の日本武道館公演より新たに泉大智がメンバーとして加わり、5人としては初となる寝食を共にする長期間ロケを通して、DISH//が試練に耐えながら、さらにメンバー同士の絆を深めていく様子もドキュメントとして見ごたえある番組内容となっている。

北村匠海 コメント
5人になって、また日本縦断の旅をすることになったのですが、最初は絶対やりたくないと思ってました。ただ、いざ振り返ってみるといい旅だったし、5人でやる意味もちゃんとあったと思いますし、たくさんの目標を5人でこなしていく中で絆も深まっていったので、5人で活動していく今後が楽しみになりました。

矢部昌暉 コメント
今回の旅は、前回の「日本縦断の旅」より過酷になっていて、比べものにならないくらい辛いものでしたが、たくさんの人の温かさと触れあっていい旅になり、最後は楽しかったと思える旅でした。僕たちの頑張りを放送で見ていただけたら嬉しいです。

小林龍二 コメント
想像していたより、すごく過酷な旅でしたけど、5人の絆が深まったので、これから先5人でいろんな夢を達成していきたいなと思います。ぜひ見てください。

橘柊生 コメント
今回の旅は、過酷さ、メンバーの仲の良さなど全体的にいろんなものが旅を通して見られると思いますので、ぜひ楽しみにしてほしいと思います。

泉大智 コメント
今回の旅は過酷でしたが、やってよかったです。初めて日本縦断をやって過酷さを知りましたが、絆が深まるいい旅だったと思いますので、ぜひOAを楽しみに待っていてください。

番組情報
フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart「DISH//日本縦断はじめましての旅リターンズ」
放送日時:7月19日(水)20:30〜21:00 以降隔週同時間、新作放送
出演:DISH//
北村匠海(Vo/G.)、矢部昌暉(Cho/G.)、小林龍二(Rap/B)、橘柊生(Flying Dish/Rap/DJ/Key)、泉大智(Dr)
番組情報:http://otn.fujitv.co.jp/dishhajitabir/

関連リンク

DISH// オフィシャルサイトhttp://www.dish-web.com/
DISH// Instagramhttps://www.instagram.com/dish__official/
DISH// Twitterhttps://twitter.com/dish_info

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。