体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ちゃんパンダに会いに、8頭のパンダが暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ

2016年に赤ちゃんパンダが誕生し、8頭ものパンダが暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」。可愛さ真っ盛りの赤ちゃんパンダの様子とともに、アドベンチャーワールドの魅力に迫りましょう。

本国以外では世界トップのパンダ飼育数

2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
8頭ものパンダが暮らすことで知られる、南紀白浜のアミューズメントパーク「アドベンチャーワールド」。一施設でのパンダの飼育数8頭という数字は、もちろん日本一。世界的に見ても、本国・中国を除けば世界トップです。

2016年に生まれた赤ちゃんパンダを含め、アドベンチャーワールドで誕生したパンダは合計15頭。これは中国国外では最多の繁殖数で、「パンダ繁殖において世界で最も成果を挙げている施設」ともいわれるほどの実績には、中国のパンダ飼育関係者も驚いているといいます。

2016年誕生の赤ちゃんパンダ「結浜」

2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
いまアドベンチャーワールドで一番の人気者が、2016年9月に生まれたメスの赤ちゃんパンダ「結浜(ゆいひん)」。

アドベンチャーワールドで生まれたパンダの赤ちゃんのなかでは一番の大きさだったそうですが、誕生時の重さはわずか197グラム。人間よりも大きなジャイアントパンダの赤ちゃんが、そんな小さな姿で生まれてくるなんて不思議ですね。

2017年3月に屋外運動場デビューを果たした結浜は、その愛くるしい姿で連日多くの来場者を魅了しています。

好奇心旺盛に動き回る結浜から目が離せない

2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
通常、成長したパンダの動きはゆったりとしていて、あまり激しく動き回ることはありません。ところが、まだ赤ちゃんパンダの結浜は好奇心旺盛なのか、しょっちゅう動き回っています。

2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
芝生の上をぐるぐる回ったり、落っこちそうになりながら台の上をよじ登ったり、時には落っこちてしまったり・・・そんな様子を見ているうちに、ぬいぐるみのような真ん丸の体とキラキラした瞳のとりこに。愛嬌たっぷりの結浜から目が離せません。

結浜の姿が見られるのは通常9:45から16:00まで。スケジュールは変更になることもあるので、事前にホームページで確認しておくと安心です。

成長したパンダもじっくり見学

2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
8頭ものパンダが暮らすアドベンチャーワールドでは、成長したパンダの姿もじっくり見ることができます。

2016年誕生の赤ちゃんパンダに会いに、パンダ8頭が暮らす南紀白浜「アドベンチャーワールド」へ
パンダが1頭しかいない動物園では、パンダの前に人だかりができてゆっくり見られないことがありますが、見学者が分散するアドベンチャーワールドなら、至近距離でじっくりパンダの様子を見ることが可能。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会