体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗喫茶「コンパル 大須本店」のサンドイッチは名古屋の宝です【テイクアウトして新幹線で】

f:id:Meshi2_IB:20170509090724j:plain

昭和の空気と味を今に伝えるお店

熱々の鉄板でいただくイタリアンスパゲティや、たっぷりのあんこをのせた小倉トースト。名古屋には喫茶から生まれたメニューがたくさんある。

そんな名古屋の喫茶文化を語る上で絶対にハズせないお店がある。

昭和22年創業の「コンパル」だ。

f:id:Meshi2_IB:20170509090548j:plain

写真は大須の商店街にある大須本店だが、名古屋駅や栄の地下街など市内に9店舗ある。

f:id:Meshi2_IB:20170509090558j:plain

大須本店の店内は、昭和そのもの。概してレトロな喫茶店は、何となく入りにくい雰囲気を醸し出しているものだが、ここはそうした空気は皆無。商店街での買い物ついでに立ち寄る若いお客さんも多い。

看板メニューは、スパゲティでもカレーでもない。一部店舗ではご飯ものを用意しているが、ココは置いていない。由緒正しい、正統派の(?)喫茶店なのである。それゆえに、サンドイッチが名物なのだ。

私自身、「コンパル」のサンドイッチには忘れられない思い出がある。小学校入学前くらいの頃だったと思う。母親が名鉄劇場や御園座、中日劇場などの観劇帰りに必ず「コンパル」のサンドイッチをお土産に買ってきてくれたのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170509090702j:plain

それが定番の「ミックスサンド」(610円)だった。

幼い私は、ぎっしりと詰まったコールスローサラダを床やテーブルにボトボトとこぼしながら夢中で頬張った。

そして「こんなうまいものが世の中にあったのか!」と、感激したことを鮮明に覚えている。今思えば、それが食に興味を抱くきっかけだったのかもしれない。

サンドしてあるのは、たっぷりのコールスローサラダとスライスしたキュウリ、トマト、ハミ、玉子サラダ。ふわふわのパンとこれらが口の中で一体となる。

シンプルながらも実にうまい!

「サンドイッチは、米軍基地で働いていたコックさんが昭和35年にレシピを作ったそうで、玉子サラダを名古屋で初めて出したのがウチだと聞いています。当時は他店で玉子サンドといえば、玉子焼きだったんですね」と、店長の山口篤さん。

味の決め手となるマヨネーズやドレッシングは、それぞれが主張せず、具材の味が引き立つようにと自家製を使用。さらに、パンは耳の部分をカットすることを前提に、やや大きめのサイズのものを特別に作ってもらっている。

半世紀以上経った今でも人々に愛され続けているのは、そんな細部にいたるまでのこだわりがあるからだろう。

名物! エビフライサンド

東京からお客さんが訪れると、私はよく「コンパル」に案内する。とくに名古屋へ何度か来たことのある人は、すでに名古屋めしもひと通り食べているので、名古屋の喫茶文化に触れていただこうと思ってのことだ。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会