ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

乗るだけで空気をキレイにする「自転車」が、中国で開発中。

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
乗るだけで空気をキレイにする「自転車」が、中国で開発中。

北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚えている。

同じような体験をしたことをキッカケに、ある自転車を開発したのは、オランダ人アーティストDaan Roosegaardeさん。今までの大気汚染対策は、「いかに汚さないか」がメインだったが、これならすでに汚れてしまった空気を少しずつ綺麗な状態に戻せるかもしれない。

乗れば乗るほど、
汚染物質を取り除く

乗るだけで空気をキレイにする「自転車」が、中国で開発中。

彼が考えたのは上のようなイメージ。この自転車で走れば、ハンドル箇所に搭載されたフィルターを汚染された空気が通り抜けることで、有害な物質がカットされるらしい。

で、どのようなフィルターかというと──。乗るだけで空気をキレイにする「自転車」が、中国で開発中。 北京と天津で大型空気洗浄機として活躍中の「Smog Free Tower」に使用されているもの。このタワーも同じくDaanさんが設計しているそうで、ある研究者曰く、マスクでもカットするのが難しいと言われるPM2.5を50%も取り除いてくれるのだとか。乗るだけで空気をキレイにする「自転車」が、中国で開発中。

他には、カットした汚染物質を閉じ込めたジュエリーを作る、なんてことも。自転車、タワー、ジュエリーの3つの活動を総称し「Smog Free Project」と呼んでいるそう。この取り組みは、中国政府からも支援を受けているようだ。

北京のイメージを一新させるため

ご存知の通り、中国では大気汚染が深刻。それに伴い、自転車に乗る人も減少中。だからこそ、多くの人がクルマを選び、結果として排気ガスが増えてしまう悪循環があるとのこと。

そこで、彼はこう言う。

「昔は、北京といえば自転車が多いというイメージだった。もう一度、文化的な象徴として人気を取り戻したいし、大気汚染がない都市を目指したいと思っている

ちなみに、この自転車は現在開発段階。いま注目が集まっている同国のシェアバイク「Mobike」への搭載も目指しているとのこと。Licensed material used with permission by Studio Roosegaarde

関連記事リンク(外部サイト)

【衝撃】目を疑いたくなる26枚の写真、中国で起きている環境汚染の現実
中国で、ロッキー山脈の「キレイな空気」が飛ぶように売れている
欧州の「サイクリング環境」がさらに進化。自転車通勤手当に専用高速道路まで!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。