ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE 104SH」のソフトウェアアップデートを開始、microSDカードのデータが破損する問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ソフトバンクは3月14日、シャープ製Androidスマートフォン「AQUOS PHONE 104SH」に、「カードリーダーモード」でパソコンからのデータ操作をすると、microSDカード内のデータが破損・損失する場合があるという事象、「ビデオ」アプリでコンテンツが再生できないという事象が見つかったと発表。同日より修正版ソフトウェアの提供を開始しました。microSDカードの問題は、microSDカードの使用容量が4GBを超えた場合に発生するもので、同梱のmicroSDカード含め4GB以下のmicroSDカードでは発生しないとしています。また、「カードリーダー」モード以外で使用した場合も発生しないとしています。ソフトウェアはネットワーク経由(3G/Wi-Fi)で配信されており、104SHの設定画面を表示後、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「ソフトウェア更新」から手動でアップデートを行うこともできます。アップデートした後、ソフトウェアのビルド番号は「S0024」を表示されます。Source : ソフトバンク


(juggly.cn)記事関連リンク
Android用Google Earthがv6.2にアップデート
NTTドコモ、スマートフォン十数機種の販売価格を値下げ
ジャストシステム、「ATOK for Android」専用辞書「ATOK拡張辞書シリーズ」の無償提供を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。