ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

お酒を飲みながらアートを楽しむイベント

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

お酒を飲みながらアートを楽しむイベント
J-WAVEで放送中の「GOOD NEIGHBORS」のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」(ナビゲーター:クリス智子)。5月24日(水)のオンエアでは、現代アートのスターが世界中から集結する「Tokyo International Art Fair 2017」を紹介しました。

「もともとヨーロッパで始まり、今も欧米をメインに年に5、6回やっているアートイベントがあるんですが、それをそのまま日本にもってきたイメージで展開しています。日本でやっている大きいアートフェアですと、ギャラリーが出展してアーティストが来ない場合が多いんですが、これはアーティストが直に出展しているので、世界中からいろんなジャンルのアーティストが来て、日本人からしたら外国に来た気分が楽しめると思います」、こう説明してくれたのは、「Tokyo International Art Fair 2017」日本オーガナイザー、丸橋聡さん。

日本での開催は今回で3回目。40ヵ国以上から、150名以上のアーティスト、ギャラリーが一堂に介します。たとえばイギリス、アメリカ、オーストラリア、ドイツ、イラン、クエート、イスラエル、トンガ、南アフリカ、タイ、台湾など。展示だけでなく販売もされるので、アート好きにはたまらないイベントですね。

昨年は表参道ヒルズのスペース オーで開催され、来場者は2日で1万人以上! 会場からあふれかえるほどの盛況ぶりだったため、今年は渋谷ヒカリエ9階にあるヒカリエホールで行われるそうです。

今年の注目作品、目玉作品についてもお聞きしました。

「ダミアン・ハーストは海外のギャラリーが持ってくるんですが、原画ではないものの、世界的アーティストの作品が買える貴重な機会です。また、ここ数年で一番売れたとも言われているミスター・ブレインウォッシュは、今回はミニーちゃん。一般の人目線で見たら、今回一番かわいいのではないでしょうか」(丸橋さん、以下同)

ちなみにミスター・ブレインウォッシュは、「アンディ・ウォーホルの再来」と言われているとか。他にも海外セレブに人気のシェーン・ボーデンもかなりの数くるそうで、現代アートのパワーがあふれるようなこのアート展。他にも絵画、彫刻、写真、イラスト、ジュエリーなども展示販売されます。

「だいたい2万円くらいから、高いものだと1000万円。本当に高価な作品を見れるチャンスと、これなら買えるというものがあります。お酒もだして、DJも来て、楽しくアートに触れようというイベントです。日本のアートイベントで、ここまで人が集まってエネルギッシュなものは他にあまりないのでは」と丸橋さんも一押しの「Tokyo International Art Fair 2017」は、5月26日(金)、27日(土)、渋谷ヒカリエにて開催されます。気になった方は遊びにいってみてはいかがでしょうか。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。