ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ママ友作りに焦る必要なんてなかった」と気づいた矢先の転勤! でも…きっと大丈夫。by志乃

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「ママ友作りに焦る必要なんてなかった」と気づいた矢先の転勤! でも…きっと大丈夫。by志乃

この春から、主人の転勤が決まり、年長の娘を連れて、仙台から東京へ引っ越して来ました。 前回のエピソード:流産のつらさを救ってくれたのは、同じ経験者の「共感」でした by志乃

子連れでの引っ越しは、これで二度目。前回は、イヤイヤ期真っ最中でした。

f:id:akasuguedi:20170424164248j:plain

「自分にはきっと、ママ友が出来ない」と思い込んでいた

以前にも書いた通り、焦ってママ友を作ろうとしては、なかなか関係を深めることができず、落胆する…そんなことを繰り返していたこともありました。もともと、人付き合いに苦手意識を持っていたので、「自分にはきっと無理なんだろうな…」と、心のどこかで諦めていました。全員ではありませんが、大人の発達障害者には、このように対人関係にコンプレックスや不安を抱えているケースが多いそうです。 関連エピソード::「なんか私、浮いてる…!?」ママ友が欲しいのに、作り方がわからなかったあの頃 by 志乃


少しずつ縁が広がっていき、焦る必要なんてなかった

不思議なもので、何年もその土地に暮らしていれば、自然と縁が生まれていくものなんですね。他の人よりも時間がかかってしまったとしても、自然体でいれば、似た者同士が集まってくる。私自身は、何にも大したことはしていなくて、娘や、周りの方々のおかげで生まれたものが大きい。小さな波紋が、やがて大きな波になるように、自分でも気づかないほどゆっくり、環境に変化が起こっていく。

対人関係は、自分だけで育てていくものではないのに、過去の私はだいぶ一人で気負い過ぎていたように思います。


経験が自信につながった

この度の急な転勤により、自分なりに努力して積み上げてきたものが、リセットされてしまったわけですが、「きっとまた何とかなる」と思うことができるようになったのも、この体験があるからだと思います。2歳だった娘も成長して、一回り大きくなり、自分自身の力で社会や関係性を広げようという、強い意欲と頼もしさを感じるようになりました。

状況的に見て、全てがリセットされたように思えても、これまで培ってきたご縁が途切れることはないですし、決して「ゼロからの再スタート」ではないと気づきました。

時には失敗したり、迷惑をかけてしまったとしても、それでも受け容れてくださり、笑い合える方々との出会いは、 多くの発見と驚きがありましたし、心の中で宝物になっています。

どんなに苦手意識があったとしても、経験した分ちゃんと前に進んでいるんだと思うと、前向きな気持ちになります。まだまだ慣れないことばかりで苦労も多いですが、「きっと前みたいに、3年後にはなるようになってる。」と自分に言い聞かせながら、また娘と一緒に、心機一転頑張っていきたいと思います。 関連記事:「ママ友恐怖話」に毒されているのはもったいない!情報にふりまわされて身構えていた私。人付き合いのコツとは?

f:id:akasuguedi:20160825083600p:plain

著者:志乃

年齢:35歳

子どもの年齢:長女4歳宮城県出身。ADHD当事者ママとして、日々の考察&生活術ブログ「ひびわれたまご」を運営。イラストレーター・デザイナー・似顔絵師として活動しながら、ゾンビのように子育て中。著書に、陣痛中の実況ツイートをまとめた、イラストエッセイ本「陣痛なう」がある。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

勝負服に身を包み、心のシャッターを開けて、いざゆかん!空回りした児童館デビューのリベンジ戦 by ナナハル
「うちの子、二重でよかった」を連呼するママ友…。モヤモヤを払ってくれた実母の言葉
「こんなに小さな子が?」の視線にもめげず…未熟児の我が子と子育て支援センターへ!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。