体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

KMK presents ジ・ドッジボール大会観戦記

kmk_1 kmk2 kmk3 kmk4

8man(高岩遼)、JB(熊田州吾)、Mr.T(谷本大河)から成るヒップホップグループ、KMKが主催する「ジ・ドッジボール大会」が、5月21日(日)18時からBumb 東京スポーツ文化会館 サブアリーナにて開催された。
KMKの呼びかけに集ったのは5チーム。その顔ぶれと身体を見て驚かされたのが、想像以上の「ガチ」であること。ずらりと並ぶ逆三角形のマッスルチーム(中にはふんどしでこれ見よがしに筋肉を見せつけてくるチームも)は、普段からしっかりとスポーツで鍛え上げていることは明白。その時点で、ミュージシャン主催とは到底思えない本気の試合が繰り広げられることは予想された。
今回の大会は、当たるとコートから出て行く通常のドッジボールとは異なるKMKオリジナルのポイント制を採用。また、トーナメントに関しても、5チームへの公平を期すために、勝ち抜いたチームとだけではなく、敗退した最下位のチームともKMKが戦い、真に決勝に挑む資格を証明するというものになった。
ホワイトボードを使ってそれらの説明をするKMKと黙々と闘争本能をあたためる5チーム。
試合のホイッスルが鳴り、第一試合がスタート。JBの兄を擁する「アウトロー」チームは、同じ会社内の合同チームである「クセが強い引っ越し屋さん」に16対25で敗退。ジャンプは高すぎるし、球は速すぎるし(写真を見れば球のスピードがおわかりになるはず)、試合の詳細をレポートすることはこの段階で諦め、以下はほぼ写真とコメントで構成しようと密かに決めた。

kmk6 kmk5 kmk7

ちなみにこのボードの右端に書かれた数字は出場料の合算であり、優勝チームが手にする賞金の額である。男たちの闘志は、トーナメントボードを見るたびに目にするその数字によって否応なく掻き立てられていく。スポーツによってもたらされるアドレナリンに、欲望というガソリンが注ぎ込まれているわけだ。そう、ガチである。

第二試合はMr.Tの弟が命名したという「サステイナブルフューチャーズ」チームが、岩間俊樹らミュージシャンが参加した「ピラニア De Kill」を22対14で破って勝利。そして「アウトロー」と「ピラニア De Kill」による敗者同士による復活戦へ。このとき、「まだ優勝できる見込みはあるから大丈夫!」と岩間俊樹は語っていた。ポジティブ・シンキングはいつだって大切だ。

kmk8
1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会