ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

尾崎世界観「ステージから見える景色は…」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

尾崎世界観「ステージから見える景色は…」
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観)。5月22日(月)のオンエアでは、クリープハイプのヴォーカル・ギター、尾崎が“バンド”と“ヴォーカル”について真面目に語りました。

もうすぐ軽音楽部を引退するリスナーからのメールを紹介した尾崎。男女混合バンドで、ヴォーカルを担当しているこの方は、最近行われた学校の定期演奏会が最後のライブだったそうです。メンバーに対して、感謝の言葉をずっと伝えることができなかったけれど、最後のライブのMC中にメンバーに背中を向けたまま「感謝している」と伝えられたそう。「このバンドで練習して演奏して、話し合った記憶がすべて、私にとって宝物です。本当にありがとう。…なんて、直接言えたらよかったんですけどね」というメールを読み終えた尾崎は「いいですね、こういうの」と一言。

「引退をきっかけに(音楽を)やめていく人たちもいっぱいいるんですよね。プロになりたいって目指す人もいれば、ちゃんと区切りをつけて会社で働いたり、分かれ目がいっぱいあると思うんですけど、どっちを選んで、結果がどうなったとしても、その過程に『ライブをする』という行為があるんですよね…」と、自身の思い出も蘇ったのか、ぽつりぽつりと話し始めました。

尾崎は「軽音楽部の演奏会も、大きな会場でのライブも、メンバー間でお客さんに向かって何かを発するというときの気持ちは何も変わらない」と続けます。「簡単な気持ちでやってたら、『恥ずかしくて感謝の気持ちを伝えられない』ということにはならないですから。やっぱり、“本気でやってた”ってことですよね。軽い気持ちだったら『今までありがとね』って、なんとなく言えるんでしょうけど」と、バンドとメンバーに本気で向かっていたリスナーを称えていました。

そして自身も担当しているパート、ヴォーカルについても、話がおよびました。

「ヴォーカルはいいですよね。僕も同じですが、前向いてて、メンバーが見えないので。都合がいいなと思います。お客さんの顔を見てたらメンバーがどういう状態かも大体見えてくるんですよね。自分も見えてくるし。ステージから見る景色が鏡のような感覚ですね」(尾崎)

……と語った後、「ちょっとマジメに話しすぎましたね」と照れくさそうにしていました(笑)。

この日の放送では他にも、番組内でたびたび話題にあがっていた尾崎の地元のコミュニティラジオ局「かつしかFM」に尾崎がついに突撃した様子も届けられました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。