ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』日本公開日決定! 最新予告も解禁

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』日本公開日決定! 最新予告も解禁

 スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』の日本公開が、2017年8月11日に決定。最新予告映像が公開された(https://youtu.be/ieBWL3tADWM)。

 マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に本格参戦し、スパイダーマンとアイアンマンとの競演で話題となっているスパイダーマン新シリーズでは、一人前のヒーロー気取りの15歳の高校生がスパイダーマンとなり、アイアンマンに導かれて真のヒーローになっていく成長と奮闘が描かれている。

 今回、解禁となった最新予告映像では、まさかの事実が明らかに。新スパイダーマンがヒーローデビューを果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(16)。人類の平和を守るはずの最強チーム、アベンジャーズは<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に二分され、禁断の戦いへと発展していた。空港で両軍が対峙する最中、物陰に隠れて両軍の危機迫る様子を撮影する者が。それが15歳の新人ヒーローだ。

 興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ! アイアンマンもいる! あれは誰だ?」と実況をする姿はヒーローというよりも15歳のやんちゃな少年そのもの。そんな中、憧れの師とも言うべきアイアンマンから「新人!」とコールされ慌てる様子も自撮り。さらに両軍の激しい戦いの最中、キャプテン・アメリカとの激闘を自撮りで語ろうとするも、巨大化したアントマンによって自軍のウォーマシンが捉えられ戦いに戻っていくスパイダーマンの姿も収められている。

 戦いを終えても興奮冷めやらぬ様子で当時の状況をやっぱり自撮りで語るピーター・パーカーに、トニー・スターク(=アイアンマン)の運転手であるハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)が訪問。ピーターのハイテンションぶりを注意するハッピー・ホーガンとの関係性も楽しみだ。このほか、マイケル・キートン演じる敵バルチャーの最新映像も収められている。

 最新ポスターでは、スパイダーマン、アイアンマン、そして敵バルチャーが競演。この三者がどんな戦いを繰り広げるのか、かつてないスケールのアクションはもちろん、一人の少年が本当のヒーローに成長するまでの物語に目が離せない。

◎公開情報
映画『スパイダーマン:ホームカミング』
原題:Spider-Man: Homecoming
2017年8月11日(祝・金)全国ロードショー
全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)   
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニーJr. (『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタロン
配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
(C)Marvel Studios 2017.(C)2017 CTMG. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

新生スパイダーマンが遂に初披露 マーベル最新作『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に参戦決定
映画『ウォー・マシーン:戦争は話術だ!』記者会見にブラピ登場、主演・プロデュースの制作秘話を明かす
愛くるしさは変わらない「ボクはグルート」9ヶ国語版ver.の特別映像公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。