ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『今夜もLL(LIVE&LOVE)』第3話でBoys Republicとカズレーザーが共演!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

TOKYO MXで毎週水曜日にオンエア中の新感覚テレビドラマ『今夜もLL(LIVE&LOVE)』のエピソード(2)「君の瞳に花束を」。その5月24日放送の第3話にカズレーザー(メイプル超合金)が登場する。
Boys Republic×カズレーザー (okmusic UP's)
4月から放送を開始した『今夜もLL(LIVE&LOVE)』は、実際に開催された大迫力のライブ映像と、そのアーティストが主人公のラブドラマが同時進行する新しいドラマスタイル。エピソード(2)では、韓国からBoys Republicが日本ドラマに初挑戦。ヒロインには、今注目の女優、葵わかなが盲目の少女“ひかり”役を好演している。

物語は超新星映画「君にラヴソングを」のリメイク版となっており、日本デビューして間もないスウン(Boys Republic)はある日公園で盲目の少女ひかり(葵わかな)と出会う。それぞれ悩みを抱えた2人は自然と惹かれあい……という、韓流アーティストと盲目の少女の切ないラヴストーリーだ。

Boys Republicの日本での活動を描く今作では、カズレーザーのラジオ番組にBoys Republicがゲスト出演するというシーンが第3話でオンエア。カズレーザーとミンス(Boys Republic)よりコメントも到着しているので、合わせてチェックしてみてほしい。

また、Boys Republicが演じる「君の瞳に花束を」のエンディングテーマが、5月24日に発売となった。この曲は、彼らの歌唱力を遺憾なく発揮したバラード楽曲。ドラマのストーリーにもリンクして制作され、ただ真っ直ぐに愛する人のことを思う歌詞は感涙必至だ。

メンバーは現在来日中で、5月28日までリリースイベント、ライブなどを開催する。ぜひ会場に足を運んでほしい。

【コメント】
■カズレーザー(メイプル超合金)

皆さん礼儀正しくて、とてもやりやすい現場でした。

次は是非皆さんとのラブシーンをやらせてください。

■ミンス(Boys Republic)

日本でとっても有名なコメディアンのカズレーザーさんと共演できて光栄です。

撮影現場では、雰囲気をリードしてくださって、本当に楽しい撮影でした。

とてもかっこよく、たくさんのことを学ばせていただきました。

またお会いできることを楽しみにしています。

シングル「流れる星に花束を」
発売中

【初回限定盤】(CD+DVD)

UPCH-7262/¥1,500+税

【通常盤A】(CD)

UPCH-5911/¥1,000+税

【通常盤B】(CD)

UPCH-5912/¥1,000+税

【リリースイベント詳細】
5月24日(水)『今夜もLL♡』LIVE&LOVEスぺシャル上映イベント

5月25日(木)神奈川・タワーレコード横浜ビブレ店 イベントスペース(特典会)

5月26日(金)ニコニコ本社 B2F イベントスペース(トーク&特典会)

5月28日(日)大阪・アリオ八尾 1F レッドコート(ミニライブ&特典会)

『今夜もLL(LIVE&LOVE)』エピソード(2)「君の瞳に花束を」ティザー
https://www.youtube.com/watch?v=cCDvU5nBEcU

今夜もLL座談会「お昼もLL」(パクドル&HERO、Boys Republic、WEBER)
https://www.youtube.com/watch?v=x8hCyKLwco8&t=3s

テレビドラマ『今夜もLL(LIVE&LOVE)』
4月12日~ TOKYO MX 水曜日22:00 スタート

※無料アプリ「エムキャス」にて全国同時放送

・4月12日〜 4話放送 エピソード(1)

パクドルwithアルスマグナ×岡本玲「私の頭の中のパクドル」

・5月10日〜 4話放送 エピソード(2)

Boys Republic×葵わかな「君の瞳に花束を」

・6月7日〜 4話放送 エピソード(3)

WEBER×山崎紘菜「僕らのライブ大事件」

◎全12話をニコニコチャンネルにてアーカイブ配信(有料)。「今夜もLL」もチャンネル開設!

Boys Republic×カズレーザー (okmusic UP's)
『今夜もLL(LIVE&LOVE) 』ポスター画像 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。