体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「上司にかわいがられると仕事がうまくいく」は本当か?

12万部を超えるベストセラーシリーズとなった『プロフェッショナルサラリーマン』(プレジデント社、小学館文庫)。その著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」についてお話しいただくこのコーナー。第12回の今回は、「上司との付き合い方」についてです。

f:id:tany_tanimoto:20170421120746j:plain

こんにちは。俣野成敏です。

会社に勤めている方の中で、「上司とうまくやりたい」と思わない人はそうはいないと思います。時代を超えて職場の人間関係が離職理由の上位を堅持する中で、世間を見渡してみると、上司とうまくいかずに悩んでいる人は大勢います。これをお読みのあなたも「そう思っている」のだとしたら、そもそもなぜ、あなたは上司とうまくやりたいのかを、深く考えたことがあるでしょうか?

何のために上司からかわいがられたいのか?

実のところ、「ただ上司にかわいがられれば、それで何もかもうまくいく」という訳ではありません。ひとつ、事例を見てみましょう。

『ドキュメント パナソニック人事抗争史』という本があります。パナソニックの創業者・松下幸之助氏が、自社を一代で世界的な家電メーカーにまで育て上げたことを、ご存じない方はいらっしゃらないでしょう。これにより、松下氏は「経営の神様」と謳われました。

しかし、どんなに磐石に見える会社も、未来永劫にわたって安泰などということはありえません。その後の判断を誤ってしまうと、巨大企業をも揺るがす事態になるということが、本書を読めばよくわかります。

パナソニックを揺るがせた原因は「人」でした。同社は人選を誤った上に、さらにそれを是正するにも時間がかかりました。松下氏亡き後の同社では、派閥争いと権謀術数が幅を利かせ、イエスマンが重用されました。

「若くて元気がいい」と言われるうちは問題ないのですが、地位が上がって自分と距離が近くなればなるほどライバル視するようになり、自分を大切にしてくれる人を周りに置きたくなるという現象は大企業によくあることです。そのような体質は経営を悪化させ、数々のイノベーションの芽を潰してしまう結果となります。

もともと、人間とは感情の生き物です。どんな人でも他人に反対されるのを嫌い、お世辞を好みます。もし、自分が上司への忠誠と忍従の末にトップに君臨し、「もはや何も自分を遮るものなどない」となった時に、そこで会社に功績を残せるかどうかは、結局、その人が「何を目指しているか?」によるのではないでしょうか。

「かわいがられる相手」は誰でも良いワケじゃない

日本では一般的に、ある特定の上司からかわいがられることを「媚を売る」と言って、あまり良くない意味に取ることの方が多いような気がします。とはいえ、サラリーマンが会社で出世するためには、必ず「誰かに引き上げてもらう」必要があります。つまり、実際は同じ「上司に気に入られる」という行為であっても、ただ単に「自分が良い思いをしたいがために媚を売る」場合と、「自分の目的を達成するための手段として上司に尽くす」場合の2種類がある、ということです。

もし、あなたが「上司からかわいがられたい」と思うのであれば、まずは「どのようにかわいがってもらいたいか?(願望)」から考えなくてはいけません。それはたとえば、

(1) 大きな仕事が欲しい

(2) 昇給・昇進がしたい

(3) 優しい言葉をかけてもらい

といったことがあるでしょう。

次に、「上司からかわいがられたい目的」を考えます。要するに「なぜ、上司にかわいがられる必要があるのか?」ということです。実際は「なぜ(目的)」が先でも「どのように(願望)」が先でも構わないでしょう。かわいがられる目的としては、

(1) 大きなことを成し遂げたい

(2) お金や名誉が欲しい

(3) みんなの前で特別扱いしてもらいたい

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。