ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【ビルボード】日本を代表するパーカッショニスト加藤訓子のアルバム第4弾『バッハ』リリースで初登場第2位

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】日本を代表するパーカッショニスト加藤訓子のアルバム第4弾『バッハ』リリースで初登場第2位

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、少年合唱団リベラの6年ぶりとなるスタジオ録音によるアルバム『Hope』が2週連続首位を獲得した。5月下旬に開催するアルバム名を冠した来日ツアーを控え、上位チャートインはまだまだ続きそうだ。

 第2位は日本を代表するパーカッショニスト加藤訓子の第4弾アルバム“マリンバ版バッハ”『J.S.Bach: Solo Works for Marimba』がチャートイン。バッハの作品のなかから「無伴奏チェロ組曲」「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」「平均律クラヴィーア曲集第1巻」などから選曲し、マリンバ独奏のために編曲した。6月からは本アルバムのライブ版コンサートツアーを教会、寺院、ホール等様々なロケーションで行う予定。これからの一層の盛り上がりが期待される。

 第3位には宮本笑里のデビュー10周年のアルバム『amour』がチャートインし、これで4週連続トップ3入りとなった。10周年記念のコンサートやソロツアーも決まり、テレビやラジオへの露出増加の影響とみられる。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『Hope』リベラ
2位『J.S.Bach:Solo Works for Marimba』加藤訓子
3位『amour』宮本笑里
4位『0歳からの育脳クラシック』
5位『BEST OF THE THREE VIOLINISTS』葉加瀬太郎,高嶋ちさ子,古澤巌
6位『あなた~よみがえる青春のメロディー』山田姉妹
7位『Piano Love II』大井健
8位『ショパン:ピアノ協奏曲第1番、バラード集』チョ・ソンジン
9位『すぎやまこういち交響組曲ドラゴンクエストI~VII』すぎやまこういち,ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団
10位『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』小山実稚恵

関連記事リンク(外部サイト)

5月22日付 【Top Classical Albums】
2018小澤征爾音楽塾の演目決定、「子どもと魔法」「ジャンニ・スキッキ」
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2017】ライブ・レポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。