ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『岸田繁「交響曲第一番」初演』配信スタート! ドキュメント収録のトレーラーも公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『岸田繁「交響曲第一番」初演』配信スタート! ドキュメント収録のトレーラーも公開

 くるりのフロントマン・岸田繁作曲、京都市交響楽団・広上淳一(指揮)による『岸田繁「交響曲第一番」初演』がリリースとなり、DSDならびにFLACの2形態によるハイレゾ音源の配信もスタートした。

 本企画は、京都市交響楽団から岸田に「楽団のためのオーケストラ作品を作って欲しい」という提案があったことから実現。岸田は「本格的なオーケストラ作品を書く、ということは昔からの夢のひとつでした」と快諾したという。およそ1年半のあいだ書き溜められ完成した「交響曲第一番」は本格的な管弦楽作品でありながら、彼のこれまでの作風や多くの古典、近代クラシック音楽からの影響を感じることもできる。全5楽章50分を超えるオーケストラ作品が訴えかけるものは、一筋縄ではいかない「名前のついていない音楽」の一種だ。

 『岸田繁「交響曲第一番」初演』には、今後「シゲイチ」と呼ばれることになっていくだろう「交響曲第一番」をはじめ、2016年12月4日にロームシアター京都メインホールで行われた初演プログラム全てを余すことなく完全収録。くるりの作品の幾つかをモチーフに変奏、再構築した組曲形式の「Quruliの主題による狂詩曲」、アンコールで演奏された美しい旋律の小作品「管弦楽のためのシチリア風舞曲」、岸田の歌唱による「京都音楽博覧会のためのカヴァティーナ」も収録されている。

 これに併せてトレーラーも公開(https://youtu.be/BS3CJk7ItBs)。映像は青澤隆明によるライナーノーツと初演に至るまでのドキュメントが中心となっている。

◎リリース情報
クラシック作品『岸田繁「交響曲第一番」初演』
2017/05/24 RELEASE
<CD>VICC-60944 / 2,500円(tax out.)
指揮:広上淳一
演奏:京都市交響楽団
作曲:岸田繁(くるり)

<配信>
mora(DSD 5.6MHz):http://bit.ly/2qU4DRk
mora(FLAC 192.0kHz/24bit) :http://bit.ly/2ryuOhg
※iTunes Storeほか主要配信サイトでも配信中

関連記事リンク(外部サイト)

岸田 繁(くるり)インタビュー
くるり・岸田繁の初の単行本が、5/26発売決定
岸田繁(くるり)、NHK京都放送局&『くるり電波』に書き下ろしたオーケストラによる楽曲完成

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。