ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

部屋の中でドッグファイト!? 銃型コントローラーで楽しむARシューティングゲーム「AR Gun」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

銃型のARコントローラー! 男子的に興奮を禁じ得ません!

まずはこちらの動画をご覧ください。

これは、スマートフォンの画面を介して屋外や部屋の中に現れた敵を銃型コントローラーで撃ち落とすシューティングゲーム『AR Gun』。

木製のコントローラーをスマホとBluetooth接続し、アプリ上でARを起動してゲームを楽しむことができます。コントローラー以外に特別な装置や道具は必要なし。銃の上部に同期させたスマホを固定すれば、途端に部屋の中がゲーム空間に変身します。

簡易な装備とシンプルな操作性でキッズたちに人気が出そうなAR Gunですが、実はシューティングゲームの元祖『インベーダーゲーム』をプレイしていた大人世代から、熱視線を送られているとか。インベーダーと戦うという世界観は、時代を超えてプレイヤーを熱くさせるのです! ゲームの種類によっては、屋外で体を動かしながらプレイしたり、誰かのプレイしているところを見るのも楽しそう。

5つのシューティングゲームが楽しめる!

2017年5月時点で用意されているゲームの数は、以下の5つです。

1.戦闘機ゲーム

いちばんの目玉はやはりこちらのゲームです。360°あらゆる方向から攻撃してくる戦闘機を撃ち落とすというもの。表示されるレーダーを見ながら敵の場所を特定し、狙いを定めてシューティング! どこから撃ってくるかわからないので、射撃の正確さだけでなく反射神経が求められます。

2.UFOクレー射撃

画面の端から高速で横切るUFOを射撃するゲームです。最初のうちは1発で仕留めるのが至難の技。戦闘機ゲームよりも射撃の精度が求められます。ですが、パリン! と仕留めたときの爽快感がくせになること間違いなし。誰がいちばん初めにUFOを仕留められるかをみんなで競っても楽しめそうですね。

3.ロケットコイン集め

動きの読めないロケットを操作しながら、敵に当たらないようにコインを集めるゲームです。たとえるならイライラ棒。コインを取ることばかりに目がいってしまうと速攻で落とされてしまいます。だからといって、避け続けていてもスコアは上がらない。そんなジレンマのなかで繰り広げられるゲームです。

4.海の冒険

悠々と泳ぎまわる色鮮やかで美しい熱帯魚やシャチなどの海の生物を、網を発射して捕まえるゲーム。魚の種類に応じて得点が異なります。スリル満載のシューティングゲームに疲れたら、こうした癒し系のゲームをプレイしてみるのもありですね。

5.異星人との遭遇

未知の惑星で、突如襲い来る異星人を射撃するサバイバル系シューティングゲームです。『テラフォーマーズ』や『エイリアン』などの映画を観たあとにプレイたくなるゲームかもしれません。熱中しすぎて夜中に叫ばないように注意したほうが良さそうですね。

木製のアナログ感とARの近未来感の融合

今後、新たなコンテンツも追加される予定とのことですが、こちらのゲームは一度コントローラーを購入してしまえば、追加課金等なしで遊ぶことができます。

AR Gunはクラウドファンディングサイト”Makuake”にて、7月10日まで7,560円で支援できるコースが設けられています。最先端だけどお手軽。新しいけど、どこか懐かしい。そんなARシューティングゲームはいかがですか?
こちらの記事もあわせてどうぞ
世界初の”触って操作できる”VRゴーグル! 懐かしのゼビウスやパックマンをタッチで操作!

関連リンク

AR Gun(Makuake)

関連記事リンク(外部サイト)

写真が生き生きと動き出したら、家族が喜んでくれました。AR小型プリンタ「Lifeprint」
MR(複合現実)とは? VRとARとMRの違い
超画期的! コピー用紙にプリントするだけのVRコントローラーが登場!!

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。