ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ふわっふわのもっちもち♡生どら焼き専門店「DOU」の新食感“和スイーツ”を食べてきた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「焼きたてチーズタルト」や「クロッカンシュー ザクザク」などで人気のBAKEから、初の和菓子ブランドとなる生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」が5月25日(木)に登場!

洋菓子で培った技術と日本伝統の和菓子を掛け合わせた新食感の和スイーツを、一足お先に味わってきました♡

BAKE初、生どら焼き専門店「DOU」

東武池袋駅構内にオープンする「DOU」。

ブランド名は生地を表す英語の「Dough(ドウ)」と、茶道や武道の「道(どう)」という和と洋2つの「ドウ」に由来しているのだとか。

古くから和菓子の調理器具として使われてきた“銅”をイメージした店舗のデザインもステキ♡

ついつい立ち寄りたくなります。

スポンジケーキ×どら焼きの新食感

どら焼きでは珍しく、別立て製法でつくった生地を店頭で蒸して仕上げる「DOU」の生どら焼き(324円、購入は1人4個まで)。

どら焼きというとずっしりとした生地が定番ですが、同店の商品は、まるでスポンジケーキのようなふわっふわで軽い食感が特長です。

また、どら焼きの“肝”である粒あんには北海道十勝産の最高級小豆「雅」を使用しているほか、生クリームにも北海道産の牛乳をつかうなど素材もとっても贅沢!

脂肪分35度の生クリームは、こんなにたっぷりはいっていてもしつこくなく、あんことの相性が驚くくらい絶妙なんです☆

もっちもちの求肥も入ってる♡

さらに「DOU」の生どらには、「はくちょうもち」という雪のように真っ白な見た目が特徴のもち米を使用した求肥も入っています♪

“ふわふわしっとり”だけじゃなく、ちょっと噛み応えのあるもちもち食感が楽しめるのも嬉しいですよね!

お土産やご褒美スイーツに

見た目はどら焼きなのに、スポンジケーキと生クリームが洋菓子のような味わいを演出し、さらにそこへ上品な甘さの粒あんが合わさることで新感覚の和スイーツを生み出した「DOU」。

パッケージのデザインもかわいいので、お土産やギフトとして贈っても喜ばれること間違いなし!

もちろん、自分へのご褒美スイーツにもぴったりです。

オープン後は行列必至ですが、「お菓子を、進化させる」というステートメントを掲げるBAKEが贅を尽くした新しい形のどら焼きは、一度は食べてみる価値アリですよ☆

DOU(ドウ)
オープン日:2017年5月25日
住所:東京都豊島区西池袋1-1-21 東武池袋駅構内 B1F
営業時間:10:00~22:00
ウェブサイト:https://namadorayaki.com/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。