ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

コクヨS&Tがスマートフォン対応ノート『CamiApp』にA4ヨコ型タイプなど6アイテムを追加

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

コクヨS&T CamiApp A4ヨコ型タイプ

手書きノートを撮影してそのままデータ化できる――コクヨS&Tは、スマートフォン対応ノート『CamiApp(キャミアップ)』シリーズに、A4ヨコ型タイプやルーズリーフなど新アイテム6種類を新たに追加し3月27日より発売します。

『CamiApp』は、コクヨS&Tが2011年9月に発売したスマートフォンの内蔵カメラで手書きノートを撮影し、専用アプリでデータ化できるスマートフォン対応ノート。クラウドサービスを活用すれば他の人とのすぐに共有できるため、ミーティング後の情報共有などに便利です。

今回は、「図表を用いて説明をしたり、マインドマップを描くときにちょうどよいA4ヨコ型タイプがほしい」というユーザーの要望に応えてA4ヨコ型タイプを中心にラインナップを拡充。A4ヨコ型タイプのツインリングノート、ノートブックの2種類、ルーズリーフ2種類、A5サイズ方眼罫のツインリングノート、ノートブック2種類を新たに追加ています。

ルーズリーフタイプはスマートフォンを利用する学生向けアイテムだそう。パワーポイントで授業をする教授に、ノートをスマートフォンで整理する学生なんて、大学の授業風景もどんどん変わっていきますね。希望小売価格は、ツインリングノート(A4ヨコ型5mm方眼罫)が840円、ノートブック(A5見開きA4、5mm方眼罫)241円、ルーズリーフ(B5普通ヨコ罫、26穴70枚入り)357円、いずれも税込みです。
 

 
ペンで囲んでスマホで撮影 デジタル連動型筆記具『スマレコペン』発売
手書きメモを人力デジタル化する『KYBER』専用メモ『CamiApp』をコクヨS&Tが限定発売
OCR+人力で手書きをデータ化する電子ノート『KYBER SmartNote』が進化&Androidにも対応!
キングジム 手書きメモをデジタル記録する『ショットノート』専用カバーを発売
手書きメモをデジタル化できる『ショットノート』がAndroidに対応 新アイテムも発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。