体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英語を本格的に勉強したい人のための動画15選

英語を本格的に勉強したい人のための動画15選

本屋さんで売ってるような教材を使っての英語学習は、時にマンネリに陥ることがあります。たまには気分転換に、ネット上でアップされている動画を使って学習してみましょう。この記事では、英語を学ぶアナタにオススメの動画シリーズを紹介します。

*編集部追記
2015年7月の記事に新たに6項目を追加しました。
2015年7月の記事に新たに4項目を追加しました。(2017/10/25)

 

動画で勉強する際のアドバイス

動画のメリットは英語学習のモチベーションを保てること。英語の勉強が辛くなったら、動画を見ましょう。「おもしろい」と感じたら、再び英語学習の熱が燃え上がるはず。

あらかじめモチベーションを保つためのムービーを用意しておくのもいいでしょう。また、勉強した表現がどのように使われているか、実践例を確認する際にも役立ちます。

 

特におすすめの動画

個人的におすすめの動画は「Cooking with dog」。まず、かわいい犬との料理番組というコンセプトが斬新だと思います。次に英語を勉強しながら料理も学べるという一石二鳥なプログラムがいいですね。また、今日の献立を悩むこともなくなります。
他におすすめの記事はこちらです
社会人でもできる英語の勉強法14選
英語のリーディングが苦手な人へ9つのアドバイス

 

1. バイリンガール

HIKAKINさんや日本エレキテル連合さんなどと共に、YouTubeの広告に出演したバイリンガールのちかさん。大学卒業までの16年間をアメリカのシアトルで過ごしただけあって、その発音や流暢さはネイティブそのもの。

英語を学ぶ際のポイントやネイティブがよく使う表現などを、キレイな発音で説明してくれます。短い動画が多いので、気分転換にサクッと見れる点も良いですね。ただ、バイリンガールさんいわく、彼女の動画を見るだけではTOEICでハイスコアを取るなど、ガッツリ英語力をアップすることは出来ないそう。

あくまで気分転換やモチベアップ、そのオマケとしての知識獲得という認識で動画を楽しみましょう!

 

2. Harvard Business Review(HBR)

「ハーバード・ビジネス・レビュー」という雑誌をご存知でしょうか。世界最高の経営大学院として有名なハーバード・ビジネス・スクールの機関紙として発足した雑誌で、経営学や企業に関する論文や記事がてんこもりの雑誌です。筆者は就活時代、意識の高い学生に紹介されてその存在を知ることになりました。

この「ハーバード・ビジネス・レビュー」(略称:HBR)は、YouTube上にチャンネルを持ってます。そして、世界トップクラスの大学教授や企業のトップ層などの動画を、なんと無料でアップしてくれてます。なんてありがたい話なんでしょう。

英語だけではなく、仕事のスキルや起業家になるための知識をバリバリ得たい方は是非!

 

3. Southpark(サウスパーク)

「サウスパーク」は、アメリカの人気アニメです。(上の動画は「サウスパーク」のパロディー動画です)かわいい絵柄が特徴ですが、ちょっとグロかったり社会風刺をテーマにするなど、その内容は大人向き。

登場人物がとっても早口なので、リスニングの練習にピッタリ。「Southpark エピソード名 script」で検索すると、各エピソードの字幕が見れる点もオススメです。あと、何といっても無料で過去のエピソードを楽しめる点が素晴らしい。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。